中谷潤人「信念強く持って世界王者になる姿をお見せします」世界戦延期に改めて決意 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

プロボクシング中谷潤人「信念強く持って世界王者になる姿をお見せします」世界戦延期に改めて決意

 8月21日のプロボクシングWBO世界フライ級(50・8キロ以下)王座決定戦(東京・後楽園ホール)に出場予定だった前日本フライ級王者でWBO3位の中谷潤人が29日、世界戦が延期された事に関し「今回も延期という形となってしまいましたが、信念を強く持ち、目標の世界チャンピオンになる姿を皆様にお見せできるよう、引き続き頑張ってまいります!」と改めて決意を示した。

 中谷はWBO1位ジーメル・マグラモ(25)=フィリピン=と対戦予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大が収まらない現状、同決定戦は日本、フィリピン両国政府による出入国制限が緩和され、出入国が可能になるまで延期されることがこの日、発表された。当初、同決定戦は4月4日に行われる予定だったが、コロナ禍で延期に。8月21日に開催されることになっていた。

 

今の状況では当然ですね。プロレスと違い海外からの選手の受け入れですので。こなるとコロナ終わるまで海外のボクサーとの世界戦はやれそうにないので、井岡vs田中 京口vs堀川 、拳四朗vs矢吹などを入場者数減らしてやるくらいしかなさそうですね。