森武蔵が東洋太平洋王者・清水聡への“挑戦”熱望  | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

WBOアジアパシフィック王者・森武蔵が東洋太平洋王者・清水聡への“挑戦”熱望 フェザー級

 デビュー11連勝(6KO)中のWBO世界フェザー級(57・1キロ以下)5位、WBOアジアパシフィック同級王者・森武蔵(20)=薬師寺=が24日、大阪・堺市内のミツキジムで、新型コロナウイルスの影響により中止となった4月のV3戦で対戦予定だった同じサウスポーの河村真吾(29)=ミツキ=と4ラウンドのスパーリングを行い、思い切りの良い左ストレートを何度も放り込んだ。

 師事するキューバ人トレーナーのイスマエル・サラス氏の下で行った3月の米ラスベガス合宿以来、3か月ぶりの実戦練習に「試合が流れて、はがゆい気持ちを互いにぶつけられた。自粛中も気持ちがブレることなく熊本で走り込んでいた」と笑顔。「世界挑戦の前に、日本のフェザー級で一番強い清水選手に挑みたい。まず日本で一番になりたい」と、7月にV5戦を控える東洋太平洋同級王者・清水聡(34)=大橋=との対戦を熱望した。

 スパーリングを見守った陣営の薬師寺保栄会長(51)は「(清水戦を)11月ごろに実現できれば。来年、どこかのタイミングで武蔵を世界挑戦させたい」と期待。無敗のサウスポーが日本そして、世界の頂点を狙う。

 

この対戦決まればみたいですね、来年夏にも世界戦を予定してる森選手と、ノイナイにやられて再起路線を行く清水選手、実績なら清水選手ですが、森選手の勢いも怖いですね。ここに尾川選手が絡めばなお面白そうですが、フェザー級じゃないんですよね・・

まあ何にせよ決めて欲しい・・