高山勝成、5月10日プロ復帰戦 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

高山勝成、5月10日プロ復帰戦「最大限の注意を払って試合への準備を進めてまいります」

 

 アマ転向、東京五輪予選挑戦を経てプロに再転向した元世界4団体ミニマム級(47・6キロ以下)王者・高山勝成(36)=寝屋川石田=は29日、代理人の岡筋泰之弁護士を通じ、プロ復帰戦が5月10日にサウスポーの森青葉(20)=泉北=とのフライ級(50・8キロ以下)契約6回戦(大阪・天満橋のエル・シアター、報知新聞社後援チャンピオンズロード)で決まったと発表した。

 高山は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から会見せず、「最大限の注意を払ってコンディションを維持し、試合への準備を進めてまいります」とコメントした。通算成績は高山が31勝(12KO)8敗1無効試合、19年度西日本フライ級新人王戦で準優勝の森は6勝2敗。

 日本ボクシングコミッションの規約で、プロ最終試合から3年以上が経過している高山は、5月12日の誕生日で国内ボクサーの定年37歳となる前に1試合を消化しなければ、元王者の特例による定年延長を認められない。相手探しを急いだとみられ、A級(8回戦以上)ではなくB級(6回戦)選手との対戦となったが、キャリア差を見せつけて2度目の“プロデビュー戦”を飾る。(田村 龍一

 

いいのかこれで?