ボクシング日本代表は再選考しない方針 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ボクシング日本代表は再選考しない方針 五輪延期も「内定している通りで」

3/25(水) 13:21配信

デイリースポーツ

 

 

 日本ボクシング連盟は25日、東京五輪の1年程度の延期が決まったことを受け、選手や関係者のコメントを発表した。日本代表は20日に開催国枠を含めて男子4、女子2選手が発表されている。



 同連盟の内田貞信会長は「ボクシング競技はアジアオセアニア予選が終了していますから、この結果については不動だと信じています。したがって、国内枠の選手も内定している通りで進めたい」とし、現代表については再選考はしない方針を示した。一方で、五輪のボクシングは組織運営に問題があったされる国際ボクシング協会(AIBA)から国際オリンピック委員会IOC)の特別作業部会に運営が移っているため「最終的な決定をするのはIOC」と判断を委ねた。

 アジア・オセアニア予選で自力で出場枠を獲得したウエルター級の岡沢セオン(24)=鹿児島県体育協会=は「新型コロナウイルス感染拡大のことを考えると、当然の結果だと思います」とした上で「まずは、国民の皆様が乗り切ってもらいたいと思います。私たちにできることは、自ら楽しむことはもちろんですが、感動を与えられることです。世界中の人の沈んだ気持ちを吹き飛ばせるように準備をしていきます」と述べた。

 また、開催国枠で代表入りし、五輪2大会連続出場となる成松大介(30)=自衛隊=は「まずは新型コロナウイルス感染拡大の収束を願っています。1年延期については、問題ありません。最大限の努力をして、メダルを獲得するという目標が変わることはありません」とコメントした。

 アジア・オセアニア予選と開催国枠で決まった日本代表は以下。

 【男子】

フライ級・田中亮明(中京学院大中京高教)

ライト級・成松大介(自衛隊)

ウエルター級・岡沢セオン(鹿児島県体育協会)

ミドル級・森脇唯人(自衛隊)

 【女子】

フライ級・並木月海(自衛隊)

フェザー級・入江聖奈(日体大)

 

五輪延期で“ポスト井上尚弥”にチャンス、堤駿斗に世界最終予選の可能性浮上

3/25(水) 13:34配信

デイリースポーツ

 日本ボクシング連盟は25日、東京五輪の1年程度の延期が決まったことを受け、選手、関係者のコメントを発表した。日本代表は20日までに開催国枠を含めて男子4、女子2選手が発表されている。五輪のメダル候補とされながら、アジア・オセアニア予選で初戦敗退し、開催国枠の選考からもれたフェザー級の堤駿斗(20)=東洋大=は「1年延期については一日も早い終息を期待しています。オリンピックの出場権を取れていない私にとって、世界最終予選が開催される可能性が出てきたことに大きな期待を持っています。ここから這い上がってオリンピック金メダル獲得をしたいと考えています」とコメントした。



 堤は習志野高で高校6冠。2年の時に世界ユース選手権で日本人として初優勝し、3年の全日本選手権では井上尚弥(現WBA・IBF世界バンタム級王者)以来の高校生王者となり“ポスト井上”と注目されてきた。



 しかし昨年6月の世界選手権代表選考会を体調不良で欠場。今月のアジア・オセアニア予選も敗れ、開催国代表選考でも、選考対象となる国際大会での実績から代表入りできなかった。その直前に五輪へのラストチャンスとなる5月の世界最終予選(パリ)が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になり、先の見えない状況になっていた。

 
 
アマの会長のいう事は当然で代表は不動のものでしょう。ただ堤選手は最終予選のチャンスが残ってるなら、それに出て結果残して代表になって欲しいですね。テレビでも取り上げられ話題先行になりつつあるような・・まあ井上選手もオリンピックにはでれなかったので、何ともいえませんが、マスコミは五輪出場⇒金メダル⇒プロ転向⇒世界チャンピオンが一番の理想でしょうが・・・次回情熱大陸で取り上げてくれるなた田中選手のお兄さん取り上げてください。<(_ _)>