中谷潤人が強化合宿で渡米 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷潤人が強化合宿で渡米「世界チャンピオンになるための練習積んでくる」

◆報知新聞社後援プロボクシング「ダイナミックグローブ スペシャル」▽WBO世界フライ級王座決定戦12回戦 同級3位・中谷潤人―同級1位ジーメル・マグラモ(4月4日、東京・後楽園ホール)

 WBO世界同級3位で前日本同級王者・中谷潤人(22)=M・T=が1日、同級1位ジーメル・マグラモ(25)=フィリピン=との世界王座決定戦に向けた強化練習のため、米ロサンゼルスに向かった。

 航空機に搭乗する前、取材に応じた中谷は「ここまで(国内では)いいイメージでトレーニングができた。米国でのスパーリングでは(マグラモに)パンチを打たれても耐えられるようにしたい。相手は手数が多いのでそれを想定しながらやりたい」と話した。

 新型コロナウイルス対策として、この日は「念には念を入れて」マスクを2つ重ねて登場。米国での感染拡大対策について様々な情報が流れており、空港で足止めされた場合、軍の施設に2週間隔離されるとの情報を聞かされると「“軍隊入り”は避けたい」と苦笑いした。

 米テキサス州フリスコではこの日(米国時間2月29日)、WBA世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチが行われ、元世界4階級制覇で挑戦者のローマン・ゴンサレス(32)=ニカラグア=が王者カリド・ヤファイ(30)=英国=を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。中谷が師と仰ぐルディ・エルナンデス・トレーナーもロマゴン陣営に名を連ねており、「吉兆ですね」と笑顔を見せた。

 「米国は暖かくなってきたらしいので、練習もやりやすいと思う。自分を追い込んで、高めてきます。目標をブレずに持つことを、今まで以上に感じている。ストイックにボクシングだけやってきます。ケガのないように、世界チャンピオンになるための練習を積んできます」と中谷は力強く語った。帰国は3月中旬を予定している。

 

世界チャンピオンになるための練習をしにいくも、空港で足止めされたら軍隊入り(施設で隔離)?隔離されたらビリーズブートキャンプでトレーニングしてかえって来てください。<(_ _)>試合は予定通りにやるんかいな?