中谷潤人が4・4WBOフライ級王座決定戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付け再開しましたよろしくおねがいいたします。

デビュー20連勝の中谷潤人が4・4WBOフライ級王座決定戦「必ず世界王者になる」

2/14(金) 17:29配信

デイリースポーツ

 ボクシングの元日本フライ級王者でWBO世界同級3位の中谷潤人(22)=M・T=が同級1位ジーメル・マグラモ(25)=フィリピン=と4月4日に後楽園ホールで同級王座決定戦を行うことが14日、発表された。

 デビューから20連勝(15KO)を続けてようやく世界戦にたどり着いた中谷。都内で開かれた会見では、「やっとこの舞台に立てるという思いと、世界で一番の男の肩書ができる試合なのでワクワクな気持ち」とうれしそうに話した。

 中学時代にボクシングを始め、卒業後は進学せず、米国に渡って名トレーナーのルディ・エルナンデス氏に師事し、15年4月に17歳でプロデビューしたたたき上げのホープ。家族からは大きなサポートを受けており、「チャンスなので一発で取って、少しはホッとさせてやりたい」と恩返しを誓った。

 相手のマグラモについては「器用でパンチのある選手なので、警戒しながらボクシングをしないといけない」と警戒。2月に行った約1カ月の米国合宿ではスパーリングで前WBA・IBF世界スーパーバンタム級統一王者ダニエル・ローマンらと拳を交えたといい、「世界チャンピオンにいろんなボクシングを試して、引き出しを増やすトレーニングをしてきた。相手は手数の多い選手なので、手数を出させないように、自分の長い距離を作っていくトレーニングをこれからしていく」と、成果と今後の対策を口にした。

 最後は、「みなさんに期待してもらえるのはうれしいこと。4月4日は必ず世界王者になりたい」と宣言した。

 

この階級であの身長小林光二さんを思いだします。将来的には複数階級制覇でしょうがまずはしっかりタイトル獲って欲しいですね。試合によってムラがあるというのが私の印象。寄せ付けないボクシングで倒して欲しいですね。テレビは地上波は無さそうですね。ホールというのもホープの世界戦にしては寂しいですが、頑張ってください愛の拳士

土曜日だし帝拳絡みだからチケットはまた手数料がバカ高いロー損チケットですかね。ホールだから安い席早く買わないと・・・