協栄ジムが協栄新宿で存続 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付け再開しましたよろしくおねがいいたします。

協栄ジムが協栄新宿で存続 新会長に瀬藤幹人氏就任

 

昨年12月に休会した協栄ボクシングジムが、協栄新宿と名称を変えた新ジムで存続する。東日本ボクシング協会に新規加盟申請したことが12日までに分かった。元日本スーパーバンタム級暫定王者の瀬藤幹人トレーナー(40)が会長となり、新宿にあるジムはそのままでスタッフ、選手も大半が移籍し、これまで通りに運営、活動する。13日の東日本理事会で承認される。

協栄ジムは金平桂一郎前会長がオーナーとのトラブルから、突然休会届を提出した。全日本新人王など試合が決まっていた選手たちが宙に浮く、異例の事態となった。東日本協会花形会長が手を差し伸べ、花形ジムへ暫定移籍させることで試合にはこぎ着けた。ただし、国内最多13人の世界王者を育成した名門ジム閉鎖はやむなしと思われていた。

オーナー側は当初から閉鎖を否定し、通常通りに運営しながら、ジム存続の道を探っていた。そこで瀬藤トレーナーが会長となることを決断し、協栄の看板を引き継ぐことになった。

瀬藤トレーナーは日体大時代の00年にプロデビューし、17年に引退するまで協栄ジム一筋。18年間で51戦をこなし、現役時から長年トレーナーも務めてきた。休会時には「一緒にボクシングをやっている会員さんのため、そして一番は、今頑張っている選手のために協栄ジムを建て直したいですね」(原文まま)とブログにつづっていた。

協栄ジムは59年に金平ジムとして、前会長の父正紀氏が開いた。海老原に始まり、具志堅、勇利、鬼塚ら数多くの人気王者を育ててきた。その協栄の黄金の歴史が途絶えることなく、今後も引き継がれていくことになった

 

亀田3兄弟のいとこ京之介、角海老宝石ジムに移籍

この記事は誤報だそうです。

 

 

 

亀田一族で昨年初の東日本新人王となったフェザー級亀田京之介(21)は角海老宝石ジムに移籍する。

元世界王者亀田3兄弟のいとこで、18年に協栄ジムからプロデビュー。初戦黒星から昨年フェザー級で東日本新人王となり、全日本は花形ジム所属で出場も判定負けした。角海老宝石ジム所属の東洋太平洋スーパーウエルター級王者渡部あきのりは、以前に協栄、亀田ジム所属で亀田家と親交がある。

有望選手も多い練習環境などからも移籍先に選択したとみられる。

比嘉大吾、余裕の計量クリア「支えてくれた人のために」 体重超過から1年10カ月

 「ボクシング・8回戦」(13日、後楽園ホール)

 世界戦での計量失敗によるボクサーライセンス無期限停止処分が昨秋に解けた元WBCフライ級王者の比嘉大吾(ひが・だいご、24)=白井・具志堅スポーツ=が12日、東京都内で再起戦の前日計量に臨み、リミットを0・1キロほど下回る53・8キロで、1回でパスした。今回はフライ級上限から約3キロ重く、2階級余り上のスーパーバンタム級に相当する119ポンド(約53・9キロ)以下の契約体重で、ジェイソン・ブエナオブラ(25)=フィリピン=と8回戦を闘う。

 2018年4月、3度目の防衛戦で体重超過し、王座をはく奪された上に初黒星を喫して以来、1年10カ月ぶりのリング。比嘉は「減量はうまくいったと思う。休んでいた間に支えてくれた人たちのために戦います。記者さんたち、体重オーバー期待したような顔をしてましたね」と、冗談を飛ばす余裕もあった。

 具志堅用高会長(64)は「スピードもキレもある。大丈夫。あとは気持ち」と自信の表情。比嘉が今後どの階級を主戦場とするかは、13日の試合内容で判断する予定だ。

 

瀬藤さんが会長ですか。協栄=金平色を一層して新生協栄に期待してます

京之介さんは潰れそうなジム(潰れましたが)にいるより練習環境にめぐまれたジムの方がいいでしょう。

惜しくも全日本は逃しましたが、まずは日本チャンピオン目標に頑張って欲しいですね。ネームバリューはありますので、実力付けて国内盛り上げてください。

最後に比嘉さんなんか色が白くなりました?今日の再起戦は勝ち負けよりも、ブランク明けてどの位動けるを観る為の試合でしょうから、年末までに世界戦とか先の話は論外。パーワーだけに頼らない幅の広いボクシングをみたいです。