井上尚弥、カシメロは「ドネアより怖い」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥、カシメロは「ドネアより怖い」警戒する理由も説明

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋=が2日、WBO同級王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との3団体王座統一戦(4月26日=現地時間25日、米ラスベガス)との対戦に向けてグアム合宿に出発するため、成田空港で取材に応じた。WBC世界同級6位の弟・拓真、日本スーパーライト級王者のいとこの浩樹(ともに大橋)も帯同した。

 グアムでの合宿は3度目で今回は6日まで滞在。出発前に新型肺炎対策でマスクを着用して取材に応じた尚弥は、対戦相手の強打者カシメロを「自分はドネアより怖い相手だと思っている」と、昨年11月に激闘を繰り広げたノニト・ドネア(フィリピン)を引き合いに出して警戒を強めた。

 その理由を「ドネアはしっかり組み立てるし、ボクシングをするので、やる前はラフファイトの怖さはなかった。カシメロは頭からも突っ込んでくるし、恐れないで入ってくる選手。もらえば危ないパンチを持っているし、勝つのもカウンターでコロッといくかもしれない。一瞬も気が抜けないような戦いになると思う。野性的な勘を持っている」と説明。そのため、今回の合宿は「徹底的に走り込んで、パンチもある選手なので、耐えられるように体力作り。いつもより練習メニューを長く取っている。それだけやっぱり油断できない相手と認識しているので」と、1日2時間ほど練習を増やし、10キロ2本と中、短距離の走り込みに加え筋力トレーニングも行う予定だ。

 

 

今の井上選手に一番怖いのは慢心でしょうが、外野の私たちのほうが慢心してるかも。明日のジョーのファンならカシメロ=野生ときいて

ハリマオを思いだすのでは?飛び上がって空中回転し上空から、パンチを打ってくる、もはや飛行機。ジョーの対策は飛び上がったハリマオ

よりさらに上から打ちハリマオをリングをマットにたたきつける。興奮すると手が付けれないのでチョコレートでおとなしくさせる。(笑)

まあ漫画の世界ですが、カシメロも予測できない事をやってくるという事でしょう。空中からパンチ叩きつけてKOとはいいませんが、寄せ付けずKOを期待してます。

そして決定かと思ったカネロVS村田戦5月は消滅、秋の実現を目指すとの事ですが、やはり知名度の問題もあったんでしょうか?

オリンピック金メダリストなんで本来なら海外のプロモーターと契約して向こうでデビューしてレギュラーチャンピオンに成っていればもう少し

知名度もあがって話題になっていたかも?秋というと今年は9月に大きい連休があるのでそのあたりでしょうか?

村田さん9月まで試合しないんでしょうか?決まったと思ったので残念。