井上尚弥、4・25にカシメロと王座統一戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥、4・25にカシメロと王座統一戦「ワクワク」「早く試合がしたい」

 ボクシングの大橋ジムは31日、都内で会見を開き、WBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋=が、現地時間25日(日本時間26日)に米国ラスベガスでWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=と王座統一戦を行うと発表した。

 井上は19戦19勝(16KO)。対戦に向けて「正直、今の気持ちはワクワク。早く試合がしたい思いでいっぱいです」と心境を語った。昨年11月に米興行大手のトップランク社と契約しており、この試合が本格的な米国デビューとなる。「ラスベガスはボクシングの本場。しかもメインイベントにできることに誇りを持っています」とうなずいた。

 相手のカシメロは33戦29勝(20KO)4敗。世界3階級を制覇している。この試合は3団体王座統一戦となるが、相手の印象について井上は「フィリピン人らしい荒々しさ、野性味をもった顔を持っている。危険なハードパンチを持っているので気をつけて戦いたい」とした。

 井上は昨年11月7日にノニト・ドネア(フィリピン)との激闘の末、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝。同戦では右眼窩底を骨折したが、今月28日、30日にはスパーリングを行っており「(目の怖さは)全然ない。全く問題ない」と回復を強調した。

 

 

さてまずこちらは報道通り4月25日で発表されました。テレビはWOWOW生中継とフジで録画放送でしょうか?今後の井上選手、気を付けるのは右目の傷でしょう。バッティングが怖い。カシメロ パンチは当たらなくても頭や肘は当たりそう。まあその辺の対策も十分していくとは思いますが。私の嫌な予想が杞憂に終わる事を願ってます。