井上尚弥 骨折「問題ない」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥 骨折「問題ない」82日ぶりスパーリングで圧倒

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋=が28日、横浜市内の所属ジムでスパーリングを再開し、日本ユース同級王者の石井渡士也(REBOOT.IBA)を圧倒する上々のスタートを切った。

 尚弥は接近戦での打ち合い、鋭い踏み込みからの連打などで攻め、何度か被弾する場面もあったものの、5回を終始優位に展開。昨年11月のノニト・ドネア(フィリピン)戦以来82日ぶりの実戦形式だったが「1発目にしてはかなり動けている」と手応えを示した。

 ドネア戦で負った右眼窩(がんか)底骨折については、今月に最後の診察を受け「問題ない」と診断されたという。「(怖さは)全然なかった。目の怖さがあったらあんな接近戦はしていない」と順調な回復を強調した。

 次戦は4月25日に米ラスベガスでのWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=戦が濃厚。すでに「動きとか戦い方のイメージは沸いている」という。

 これまでスパーリングは平均4回、多くて6回行ってきたが、今回は平均5、6回に増やす考えで「(12回戦った)ドネア戦でスタミナは全く問題なかったですけど、もっと上げていく」と説明。「アメリカに行くモチベーションも含めて、上げていこうと思う」と意欲を示した。

 

 

さて今月と2月は日本人絡みの世界戦はいまのところ無さそうですね。話題になっているのはカネロvs村田戦、決まりそうな雰囲気の記事多いですが、Lヘビーまで行っちゃったカネロ、ミドル級の村田どの階級でやるんでしょうかね?カネロってミドル級と言いながら、キャッチウエイトでやってませんでしたっけ?記事では村田がSミドルに上げてやるみたいなのもありましたが、タイトルマッチにこだわるなら、昔レナードがやったLヘビーの選手をSミドルで戦わせて、SミドルとLヘビーの2階級を掛けてやるみたいな大技を30年振り位につかうんでしょうかね?

ボクサー人生もそんなに長くないのでカネロとやりたいのはわかりますが、出来るなら他団体の同級王者と統一戦+挑戦権を懸けてやって欲しいという外野の意見。

 と井上選手の話題からそれてしまいましたが、日本ユース王者をスパーで圧倒って当たり前ですが、怪我の後の動きとしては上々という事でしょう。ただ次の試合で切れなければいいですが、パンチが当たらなくても、頭とかが当たったら切れる可能性もありますね。早く次の試合をみたいです。どうしても心配性のわたくしは二郎さんを思いだしてしまいます。