田中恒成、スーパー王者認定 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

田中恒成、スーパー王者認定 WBOフライ級でV3達成、年内に井岡戦実現も

1/15(水) 5:30配信

スポニチアネックス

 WBOは13日、昨年末にフライ級で3度目の王座防衛を果たした田中恒成(24=畑中)をスーパー王者に認定すると発表した。昇格の条件は(1)統一王者(2)防衛10度(3)防衛10度以下でも顕著な功績など。田中はWBOでミニマム、ライトフライ、フライの3階級制覇を達成し、対戦相手もWBA&IBFの元統一王者・田口良一ら質が高いことをWBOが評価し、畑中ジムの要望に応えた。

 スーパー王者の特典の一つは転級後すぐに指名挑戦者になれること。今年は4階級制覇を狙う方針でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔との対戦が年内に実現する可能性が出てきた。

 

スーパー王者というとハグラーとかレナードとか王者の中の王者の印象ですが、・・・特別待遇のチャンピオン認定が多いですね。すみませんが、ジムの要望が通れば認定されちゃうんですね。フライ級はよその団体の様に正規王者決定戦をやるんですかね?

WBOとかIBFを認めなかったのは、タイトルが増えすぎて、権威が落ちるからとか言ってませんでしたっけ?こんな特典使わずに挑戦者決定戦やって正真正銘の1位になって挑戦して欲しいですね。