村田諒太ビッグマッチ実現まで待つ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

村田諒太「盛り上がる試合を」次戦ビッグマッチ実現まで待つ!本田会長明言

デイリースポーツ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=が24日、都内で会見を開き、同級8位の挑戦者スティーブン・バトラー(24)=カナダ=を5回TKOで破った初防衛戦から一夜明けた喜びを語った。所属ジムの本田明彦会長は、次戦の相手候補を同級の世界的スターであるWBA世界スーパー・WBCフランチャイズ王者サウル・アルバレス(29)=メキシコ=とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(37)=カザフスタン=に絞り、「やれるまで待つ」との考えを示した。

 夢が現実になる時はいつか。アルバレスとゴロフキンとの対戦を熱望してきた村田。V1を果たした後には、契約する米国の大手プロモーター、トップランク社のボブ・アラムCEOがその2人と村田を東京ドームで対戦させる計画を明かし、アルバレスと契約するゴールデンボーイプロモーションズの関係者も「年明けにも本格的な交渉に入りたい」との姿勢を示していた。

 本田会長によると、村田は以前からゴロフキンの相手候補に入っていたが、最近になって急にアルバレス側も興味を示してきたという。「カネロ(アルバレスの愛称)の世界戦略の一環。世界中に売り込みたいわけで、その第一回でやりたいのが日本」と説明した。

 実現の可能性については「分からない」と前置きしながらも、「ゴロフキン、カネロとやれるまで待つ。1年待たなきゃいけないなら1年待つ。それぐらいじゃないと。期間は決めない」と明言。仮に来年実現する場合、アルバレスなら5月、ゴロフキンは2月に試合を控えているために6月以降になる見通しも示した。

 米国での中継は両選手と契約する動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が行う方向で、時間は日曜朝、会場は1990年2月にWBA、WBC、IBF統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)がジェームス・ダグラス(米国)に敗れる歴史的大番狂わせが起きた東京ドームを条件にしているという。本田会長は「DAZN次第。期待して待っている」と話した。

 村田は今後について、前日と同じく「帝拳プロモーションにすべて任せています。次も最善の試合を組んでくれると思っています。組んでいただいた試合に真摯(しんし)に取り組む。それだけ」と強調。だが、「一ボクサーとして、一日本人として、日本にどれだけ貢献できるかが個人として大事。そういう意味でみなさんが盛り上がる試合がしたい」とも話した。誰より村田自身が、ビッグマッチ実現を待ち望んでいる。

村田諒太 一番やりたいことは「コーヒーを飲みながら息子の野球を見たい」

 

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=が24日、都内で会見を開き、同級8位の挑戦者スティーブン・バトラー(24)=カナダ=を5回TKOで破った初防衛戦から一夜明けた喜びを語った。

 村田は初防衛を素直に喜んだ。左目の上を赤く腫らしたため、サングラスを着用して登場。5回TKOでの快勝を「勝たなきゃいけない試合でしっかりノックアウトで勝てたのは及第点をあげたい」と自己採点した。

 コーヒーを飲み、パンを食べながら家族と過ごす時間を愛するが、コーヒーはカフェインが含まれ、パンはカロリーが高いため試合前は控えていた2児の父。戦いを終えて一番やりたいことは「子どもに会いたいですし、息子の野球も見れていないので、コーヒーを飲みながら見たいですね。緊張から解放されて家族に戻れる時間があるから頑張れる」とうれしそうに話した。

 練習再開の予定はまだ立てていないと言う。「もっと休んでいいと思うときでも走っちゃう。太れない。怖がりなんで。怖がらなくていい程度に休もうと思います」と話した。

寺地拳四朗「誰でもどんどん来て」京口紘人との統一戦にも乗り気

 WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(27)=BMB=が7度目の防衛成功から一夜明けた24日、東京都内で会見し、「筋肉痛もなく『脱力』して試合できたのはいい収穫」と傷一つない顔で充実感を漂わせた。

 具志堅用高の持つ世界王座13度防衛の日本記録へ折り返し点を過ぎた。来年は3試合を予定しており、一気に10度防衛の大台を狙う。さらに「統一戦もしたい」と宣言した。

 23日には観戦に訪れたWBAスーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が「来年リングで会いましょう」とツイッターに投稿。日本人同士の統一戦実現も待たれる。「勝つごとに自信も増えてきている。誰でもどんどん来て欲しい」と意欲的に語った。

井岡一翔“パパデビュー戦”で長男にV1誓う「家族背負って戦う」

 ボクシング3大世界戦(31日、東京・大田区総合体育館)のフェースオフイベントが25日、羽田空港で行われ、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで同級1位の挑戦者ジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=と初防衛戦を行う王者の井岡一翔(30)=Reason大貴=が8月21日に誕生した第一子の長男・磨永翔(まなと)くんに勝利をプレゼントすることを誓った。

 初対面した挑戦者と約25秒にらみ合った井岡。その印象を「オリンピックに2大会でている選手ですし、プロでも負けのない、すばらしい選手だと思っている。会ってみた印象は映像で見たのと同じ。特にイメージと違ったものはない」と話した。

 米国ラスベガスで約2カ月のキャンプを行い、20日に帰国。「ベストで挑めるようにコンディションを整えています。スパーリング中心のトレーニングだったのですが、この大みそかの試合に向けて、自分と向き合って勝つためにしっかり準備してきました」と順調をアピールした。

 今回は長男が生まれて初めての試合。明かしていなかった名前は先日にテレビ番組で公表され、この場でも自ら公表。「勝っている姿を見せたい。息子の名前をトランクスに入れて戦おうと思っているので、より一層気も引き締まりますし、試合に向けて家族も背負って戦う気持ちで挑みたい」と決意表明した。

 

さて村田選手カネロとゴロフキンがやってくれるまで待つ。西岡さんもドネアとやれるまで待つわで名誉王者に成っちゃいましたからね。

しかし村田さんが1年も試合しないで待ってたら年取るだけ。カネロやゴロフキンとやりたければ、リスクを冒してでも、ミドル級の上位ランカー

と戦って向こうから選んでもらうしかないですね。まあでもカネロやゴロフキンが日本来たら偉いこっちゃですが。

 

待つといえば あみん 今の若い子は知らないでしょう。52秒あたりからどうぞ。

 

 

拳四朗さんも13回となるとだんだん対戦相手の質が問題になってきますね。合間にはフアレフの様な下位ランカ~も入るでしょうね。毎回毎回強いのとやれと言われてもそれもしょうがないですが、是非アルバラード・京口・WBOは田中さんは階級あげちゃうでしょうから、そのあとのチャンピンとこの3人は残り6回に迫った日本記録の中で対戦して欲しいですね。

 

村田さん 井上さんそして井岡さんお子さんがモチベーション。大昔はボクサーは現役時代は女酒たばこはやるな。と言われてましたが、酒たばこは今も当然禁断ですが。結婚は現役ボクサーでも多くなってきましたね。是非お子様もためにも防衛を。しかしシントロンと井岡相性わるそう・・・