比嘉大吾 2年ぶり復帰 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

比嘉大吾 2年ぶり復帰 来年2月にノンタイトル戦「すべてを出して頑張ります」

 

 ボクシングの白井・具志堅スポーツジムは19日、所属選手で元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24)が来年2月13日に後楽園ホールで復帰戦を行うと発表した。119ポンド(約54キロ)契約のノンタイトル戦で相手は未定。

 デビュー15連続KO勝利の日本記録を持つ比嘉は、18年4月にクリストファー・ロサレス(ニカラグア)との同王座3度目の防衛戦で、日本人世界王者では初めて前日計量に失敗。王座をはく奪され、試合も9回TKOで初黒星を喫した。JBCからは無期限資格停止処分を受け、復帰時の1階級以上の転級を義務付けられた。

 資格停止は今年10月に解除され、11月にバンタム級でWBCの世界ランキング入り。比嘉はジムを通じ「応援してくださっている方、お世話になった方のためにも、今自分にできるすべてを出して頑張ります!」などとコメントした。

 

比嘉さんてっきりこのトリプル世界戦の前座あたりで復帰かと思ってましたが違いましたね。それにしても23日のロマゴンってもう来日してるんでしょうかね?さて減量失敗で不調だったとはいえロサレスにワンサイドで負けてしまったのを思いだすとパワーだけでは世界で勝ち残っていけないでしょうね。胸板の厚さばかりがパワーの源みたいに強調されてましたが、厚すぎてストレートが打てなかったのではと素人目には思ってましたが。バンタムで試合もしてないし2年近く試合してないのに世界ランキング入りってWBCって・・・・まだ若いので昔の名前で出ています的にならない事を願います。