拳四朗の相手来日 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

王者・拳四朗の相手来日「対策は練ってきた」

来日したランディ・ペタルコリン
来日したランディ・ペタルコリン

◆プロボクシング 報知新聞社後援WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・寺地拳四朗―同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)(23日、横浜アリーナ)

 WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(27)=BMB=に挑戦するランディ・ペタルコリン(27)=フィリピン=が17日、羽田空港着のフィリピン航空機で来日した。

 「調子はすごく良いよ」と笑顔で到着口から現れた挑戦者。世界ランクはWBC12位、WBO9位だが、元WBA世界同級暫定王者。寺地にとっては侮れない相手となる。「拳四朗はジャブとかテクニックのあるボクサーだが、対策は練ってきたよ」と自信を見せた。

 寺地は当初、IBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)と王座統一戦を行う予定だったが、アルバラードの体調不良で急きょ変更となった。そこで白羽の矢が立ったのが、ペタルコリンだった。今夏、WBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)がジョナサン・ゴンサレス(米国)と防衛戦を行った際に、田中のスパーリングパートナーを務めており、日本のボクサーについても情報は収集している。「1か月くらいしか準備期間がなかったが、やれることはやってきた」とペタルコリン。18日には早速、都内で公開練習を行う予定だ。

 

これで全員揃いましたね。田中選手のスパーリングPで来日していたとはしりませんでしたね。拳四朗同様童顔ですね。急な変更でしたので仕方ないですしvsアルバラード戦観ましたが予想は拳四朗選手の勝利。対策は練ってきた・・無策で来る馬鹿もそうそういないでしょ。・・

 

お時間のある方はご覧ください。

 

大橋秀行会長 八重樫の対戦相手・ムザラネの調整に感心も「打たれ弱そう」

 

 「ボクシング・IBF世界フライ級タイトルマッチ」(23日、横浜アリーナ)

 王者モルティ・ムザラネが17日、都内で八重樫東との3度目の防衛戦に向けた公開練習を行った。サンドバッグ打ちを6回も行うなど、公開練習では異例の長さと言える10回以上も汗を流した。

 08年にはノニト・ドネア(フィリピン)に6回TKO負けしたが、「出血がなければ私が勝っていた」と豪語する37歳。高地にある地元ヨハネスブルクでは200回近いスパーリングも消化し、「ハードなキャンプだったが、八重樫選手への尊敬もあり、力強い試合をするために準備を整えた。試合後ベルトを腰に巻いているのは私だ」と自信を示した。

 視察した八重樫陣営の大橋秀行会長は「すごく練習しているね」と37歳の調整に感心。「スタミナも相当ありそう。八重樫もスタミナには自信がある。持久戦かな」と展開を予想しながらも、「アゴを見ると打たれ弱そう」と弱点も指摘した。

 

坂本、黒田戦を観ると勝てそうな感じなんですけどね。会長の予想通りの持久戦になるんでしょうかね。我慢比べに勝った方が試合を制す。

しかし会長もフェニクス(不死鳥)でしたか八重樫選手もフェニクスですね。イーグルに跳ね返され、日本で躓き引退勧告されるも世界奪取。

安い相手と防衛戦をこなさず井岡との統一戦。五十嵐選手に勝ちWBCフライ級獲得当時最強のロマゴンにKO負け即WBCライトフライでゲバラに敗れ連続KO負け、もう終わったと思いきやIBFのライトフライを激闘の末判定勝、ペタル・コリンに脆くも倒され、その戦いぶりから、脆くなってる、今度こそ引退と思いきやSフライ級でチャンスを狙い向井選手との闘いを制し生き残る。残念ながらSフライ級でのチャンスは巡ってきませんでしたが今回ムザラネに挑戦。まあ時代は令和になりましたが、勝てば現代版輪島功一ですね。