井上尚弥、右目の経過良好 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付け再開しましたよろしくおねがいいたします。

井上尚弥、右目の経過良好 予定通り4月ラスベガスで次戦

 ボクシング・大橋ジムの大橋秀行会長(54)が13日、都内で行われた初の著書「最強モンスター 井上尚弥はこうして作られた」(祥伝社刊)の発売記念イベントに出席し、WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が前日に右眼窩底骨折の経過は良好と診断され、次戦は予定通り4月に米ラスベガスで行うことを明かした。

 尚弥は11月7日のノニト・ドネア(フィリピン)戦で負傷し、4週間の安静が必要と診断されていた。来年1月にスパーリングを再開、2月に合宿を行って次戦に備える。

 尚弥は次戦の相手にWBO同級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)を希望しているが、大橋会長は先日にIBFから同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との指名試合の指令を受けたと明言。対戦しなければ王座剥奪の可能性もある。

 大橋会長は「IBFも厳しいんで。(ダスマリナス戦の可能性は)0ではない。一番はカシメロだけど、(WBA同級3位のジェイソン・)モロニー(イギリス)も上がってきてるし、4人ぐらい候補はいる」と話した。

 

報知はIBFやらないとはく奪も、とありましたが、やっぱり統一王者は各団体の指名挑戦者との対戦を命令されると大変ですね。