井上尚弥が統一ライト級王者と初対面 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥が統一ライト級王者と初対面「ロマチェンコが日本にいる違和感があります」

 プロボクシングWBO総会の祝賀会が5日、東京・文京区の東京ドームホテルで行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3階級制覇王者で3団体統一ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=と初対面した。井上はWBOではスーパーフライ級王者として7度防衛を果たしており、祝賀会では今年顕著な活躍をした選手として表彰されたが、壇上に呼ばれると、年間最高選手のロマチェンコとのツーショットが実現した。

 ロマチェンコの印象を聞かれた井上は「同じような体格でライト級の、相当なところでやっている。下半身がしっかりしているんでしょうね。『自分がもし階級を上げたら将来的に(対戦が)なくはないな』と、そういうイメージで見てはいました。階級も違うし、現実的ではないですが…」と話した。

 米国で最も権威のある「リングマガジン」のパウンド・フォー・パウンド(PFP、階級を超えての最強ランク付け)では、2位がロマチェンコ、3位が井上となっている。「(米興行会社大手の)トップランク社と契約してPFPの意味合いというか、それに対する気持ちが変わった。プロとして米国のリングに挑む上で、自分の価値としてみてもらえるものだと思うので」

 WBO新王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との対戦が取りざたされており、井上も「来年1発目は春に統一戦ができればいい」と話す。「ラスベガスでの試合になると思う。海外での試合で、インパクトを残していく。来年が楽しみです」と意欲を示していた。

団体統一王座ロマチェンコが初来日 村田を絶賛「パンチが強い」、井上尚は「早い決着をつける選手」

 プロボクシングWBO総会の祝賀会が5日、都内のホテルで行われた。それに先立ち、3階級制覇王者で3団体統一ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=が日本の報道陣の取材に応じた。

 「初めて日本を訪れたが、常に来てみたいと思っていた。人々はフレンドリーで、食事もおいしい。素晴らしい文化の国だと思う」とロマチェンコ。この日は、東京・銀座などに出かけ、ラテアートの写真をSNSにアップするなど、滞在を楽しんだ様子だ。

 今年はWBO、WBAスーパー王座を防衛した後、8月のWBC王座決定戦でルーク・キャンベル(英国)を破って3団体王座を統一した。「今年は2戦2勝で、大変いい年だった」と笑顔。階級を上げてきた元スーパーフェザー級王者ガーボンダ・デービス(米国)については「もちろん、興味がある。ボクシングの歴史にとって素晴らしい対戦となるだろう」と意欲を示した。

 アマチュア時代は2008年北京のフェザー級、12年ロンドンのライト級で五輪“2階級制覇”。「村田諒太選手とはロンドンで同じ金メダリストになった。彼の、ラスベガスでの試合も見たが、とても強くて、パンチのある選手。私はパンチの強い選手が好きなので注目している」と“エール”を送った。また、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズのバンタム級決勝はハイライトで見たそうで、WBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=については「試合時間が短い選手だね? 早い決着をつける選手だ」と印象を語った。

 

全く興味ない感じですね・・・・やはりラスベガスで試合しないとだめみたいですね。来年は井上の印象も変っていることでしょう。

ところで5日にvsカシメロ戦を発表とかパッキャオ来るとか言ってた会長さん完全なリップサービスになっちゃいましたね。(笑)

井岡さんがどのくらいチャンピオンでいられるか?ロマゴンがどのくらいもどしているか?でおくれた対戦がSフライで観れるかも。

旬はすぎてますが・・