拳四郎 12月23日 ペタルコリンと対戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

報知新聞社後援 プロボクシング ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・拳四朗―同14位ランディ・ペタルコリン(12月23日、横浜アリーナ)

【写真】華やかな女子選手計量の様子

  WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=が22日、リングネームを本名の寺地拳四朗に変更すると発表した。また、12月23日に横浜アリーナで行う7度目の防衛戦の相手が元WBA世界ライトフライ級暫定王者でWBC14位のランディ・ペタルコリン(27)=フィリピン=に決まった。

 2014年8月のプロデビュー以来、「拳四朗」のリングネームで戦ってきたが、プロ17戦目を前にして“改名”することにした。マネジメント事務所を通じてコメントを出し、「現在のライトフライ級で防衛記録を重ねつつ、今後は他団体王者との統一戦や海外での試合も視野に入れていて、日本人としてもっと“世界”で認知してもらえるように、と思った」と理由を説明した。

 改名後初戦となるのがV7戦で、相手が元王者のペタルコリンに決定。当初、IBF同級王者フェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=と2団体王座統一戦を行う予定だったが、最近になり、アルバラードがデング熱の疑いで試合のキャンセルを申し出て、統一戦が中止になった。寺地は「統一戦は中止になりましたが、僕自身は相手が変更しても、モチベーションは変わりません。きっちりした内容で勝ちます」とコメントした。

 ペタルコリンは身長160センチのサウスポーで、戦績は31勝(23KO)3敗1分け。2014年8月にWBA世界ライトフライ級暫定王座を獲得し、1度防衛後に返上。昨年10月にIBF王者アルバラードに挑戦したが、7回TKO負けを喫し、王座返り咲きに失敗した。

報知新聞社