井上尚弥、2冊目の著書「勝ちスイッチ」11.1発売 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥の相手ドネア来日「ついに日本に来た!」 11・7WBSS決勝

◆プロボクシング・ダブル世界戦 ▽ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53・5キロ以下)決勝12回戦 WBA、IBF王者・井上尚弥―WBAスーパー王者ノニト・ドネア ▽WBC世界バンタム級王座統一戦12回戦 正規王者ノルディーヌ・ウバーリ―暫定王者・井上拓真(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)

 世界5階級制覇でWBA世界バンタム級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=が30日夜、羽田空港着の航空機で来日した。11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=と対戦する。家族やスタッフら計10人を帯同させた。約5時間のフライトを終え、「ついに日本に来た!という気分」と笑みを浮かべた。

 8月末に都内で行われた記者会見以来、2か月ぶりの来日。自宅は米ラスベガスに構えるが、時差調整を兼ねて、10月18日からフィリピン・マニラで最終調整を図った。「20年間のキャリアのすべてを濃縮させたトレーニングをしてきた」と母国での順調な仕上がりをアピールした。

 大の親日家でもあるドネアは10年以上前から毎年のように日本に訪れるが、「今回は全く違う感情がある。ドキドキ、ワクワクでまるでクリスマスプレゼントを開ける前の気分のようだ」と試合を待ちわびている様子。昨年11月のWBSS初戦でWBAスーパー王座を獲得し、世界王者に返り咲いた名手は井上尚との一戦へ「大好きな日本で、しかもWBSS決勝を戦えるのは喜びであり、光栄でもある。最強と最強の戦いになる」と自信たっぷりに話した。

 

まさにタイトルの通りついにきたって感じ。あと1週間・・明日井上尚弥著書発売

お父さんもお兄ちゃんも本出した、あとは拓真選手ですな。

井上尚弥、2冊目の著書「勝ちスイッチ」11.1発売 早期KO量産の秘密も

10/31(木) 5:30配信

スポニチアネックス

 ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)の著書「勝ちスイッチ」(秀和システム)が11月1日に発売される。井上の著書は14年4月に発売された「真っすぐに生きる」(扶桑社)に続き2冊目。

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する井上は8月から執筆を開始。試合前の準備、強い心の作り方、勝負アイテム、早期KOを量産する秘密などを明かしている。ドネアにどうやって勝つか?WBSS後に目指すもの、引退までのボクシング終活などにも触れているという。

 井上に関しては「別冊カドカワ」が総力特集したムック本が25日に発売され、スポーツメーカーのミズノは応援企画としてオリジナルTシャツを数量限定で販売するなど、WBSS決勝を前にリング外でも盛り上がりをみせている。