WBC 総会いろいろあった様で | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付け再開しましたよろしくおねがいいたします。

ロマチェンコを「フランチャイズ王者」に認定 一部で批判の声も

 WBC(世界ボクシング評議会、本部=メキシコ市)が23日(日本時間24日)、メキシコ・カンクンのグランド・オアシス・カンクンで開催中の第57回年次総会でランキング会議を開き、各階級王者の次戦などを確認した。ライト級では王者のワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=が「フランチャイズ王者」に認定された。

 「リング・マガジン」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングでトップに君臨するなど「Hi-Tech(先端技術)」とも称される超絶技巧で現役最強ボクサーとの呼び声高い世界3階級王者がフランチャイズ王者に昇格したことが確認された。

 「フランチャイズ王者」とはWBCが今年5月の中間総会で新たに設置した王座で、ロマチェンコはミドル級のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に続いて2人目となる。WBC王者の中で特別な選手に与えられ、フランチャイズ王者が誕生した階級は別の選手が正規王座に就くことになる。今回は暫定王者のデビン・ハニー(米国)が正規王者に昇格した。

 一方で「フランチャイズ王者」に関しては、王座乱立を招き、タイトルの権威が損なわれるという批判もある。「暫定王者」、「スーパー王者」を乱発して各階級に王者が3人いるなど混乱を招いたWBAの「スーパー王者」制度と変わらないとも指摘される。

 今回の決定についてもネット上では「合理的でない」、「ナンセンスだ」、「ボクシングに詳しくない友人にチャンピオンの説明をしても理解してもらえない」などと批判の声が相次いだ。また、フランチャイズ王者という名称そのものが好みでないという声も集まっている。

井上拓真 統一戦に勝てば“問題児”ネリ戦が浮上 WBC総会でランキング会議

 WBC(世界ボクシング評議会、本部=メキシコ市)が23日(日本時間24日)、メキシコ・カンクンのグランド・オアシス・カンクンで開催中の第57回年次総会でランキング会議を開いた。各階級の王者の試合予定などを確認した。

 日本選手関係ではバンタム級で動きがあった。同級では11月7日にさいたまスーパーアリーナで正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)と暫定王者の井上拓真(大橋)が統一戦を行う。

 今回のランキング会議では、11月23日に米国ラスベガスで対戦するルイス・ネリ(メキシコ)とエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の勝者がランキング1位の指名挑戦者となり、ウバーリ-井上の勝者に挑むことが確認された。

 山中慎介との2試合におけるドーピング騒動や体重超過などトラブルメーカーとして知られるネリと、前戦のWBSS準決勝で井上尚弥(大橋)に2回KO負けしたロドリゲス。日本でもおなじみの元王者2人のどちらかが井上拓真と対戦する可能性が浮上した。

 他の階級では空位のフライ級で王座決定戦が行われ、その勝者に挑む挑戦者決定戦を3位の中谷潤人(M.T)と4位のマクウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)で行うことを確認した。

 また、ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)は発表された通り12月23日に横浜アリーナでIBF世界同級王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)との2団体統一戦に向かう。

 

さてWBC総会拳四朗選手のインスタで女子ボクサーの高野選手と写ってたのでメキシコかぁ~位にしか思いませんでしたが、WBCもWBAとやってる事は変わらんですね。となるとWBCに限り暫定王者を認めるっていうJBCの考えはどうなんでしょうかね? 挑戦者決定戦をやってチャンピオンに挑戦させるって形は個人的には歓迎ですが、ネリが勝った場合で日本側がじゃ海外でって事も考えられないし、ここは興行重視のお得意の特例でしょうかね?日本で試合出来なくするっていうより、ファイトマネー全額没収。渡航費滞在費などすべて向こう持ち、って形のほうが、楽しいかと。まああくまで拓真選手がウーバーリに勝った場合ですがね。もひとつ中谷さんの挑戦者決定戦は世界やる前にランキング10位以内のアジア圏以外のボクサーとの対戦を個人的に希望してたんで大歓迎。メリンドも元世界チャンピオンですが1階級下ですししかも1年試合してないっていうのが、どうなのって思ってましたから。

ロマチェンコやカネロはもう別世界のボクサーですからね。早く日本人ボクサーもフランチャイズチャンピオンに認定されるボクサーが出てくる事を願います。

さて今日10月25日は1990年ホールで伝説が誕生した日 もう29年?大橋vsリカルド・ロペス、や~あの張り詰めた緊迫感は本物だけが醸し出す雰囲気でしたね。大橋選手の3試合張・チェ・ロペスは忘れられません。