井岡ジムの“プリンス”石田匠が挑戦者決定戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井岡ジムの“プリンス”石田匠が挑戦者決定戦 日時未定…IBFスーパーフライ級

 ボクシングの井岡ジムは3日、大阪市浪速区の同ジムで会見を行い、IBF世界スーパーフライ級5位の石田匠(27)=井岡=が同級8位のイスラエル・ゴンサレス(23)=メキシコ=と同級挑戦者決定戦を行うことを発表した。日時・場所は未定。勝者は同級王者のジェルウィン・アンカハス(27)=フィリピン=への挑戦権を得ることになる。

 試合は当初、今月26日(日本時間27日)に敵地のメキシコ・グアダラハラでの開催が内定していたが、この日の会見直前にプロモーターから電話があり、会場の都合で延期を伝えられた。年内に日本国外で行う方向で再調整する。会見場で延期を聞かされた石田は「僕も初めて聞いたんですけど、いつどこでやろうが関係ない。必ず勝って挑戦権を取って、世界チャンピオンになります。しっかり準備できますし、敵地でKOして勝つだけです」と動じなかった。

 世界初挑戦での苦い経験を生かす。17年10月、英国カーディフでWBA世界同級王者のカリド・ヤファイ(英国)に挑戦した。無敗の王者に対して決定打は許さなかったが、挑戦者としての積極性を欠き、0-3判定負け。「パワーもついていると思いますし、もっと攻めて次の試合は倒して勝ちます」と言い切った。

 ゴンサレスは18年2月にアンカハスに10回TKO、同年11月にはヤファイに判定負けと昨年2度世界挑戦に失敗。石田とは世界戦線への生き残りをかけた一戦になる。映像を確認した井岡一法会長は「問題ない。前後の動きで距離をキープできればワンサイドになる」と攻略に自信を示した。

 試合に向け、六甲山に通いつめて山頂付近の起伏の激しいコースを走り込み、鍛え抜いている。会見に同席した井岡弘樹ジムの井岡弘樹会長によると、「一般男性なら即死レベル」という心拍数200オーバーの状態で走り込み、高地でも耐えられる驚異の心臓を手に入れつつある。

 井岡一翔が活動拠点を関東に移し、元東洋太平洋ライト級王者・中谷正義が引退を表明するなど過渡期にある井岡ジム。端正なマスクから“プリンス”の愛称を持つ石田は「僕が井岡ジムを背負っていく気持ちです」と力を込めた。石田の通算成績は29戦28勝(15KO)1敗。ゴンサレスは27戦24勝(11KO)3敗。

 

 

中谷さんに続いて今度は石田選手が挑戦者決定戦で。いいことだと思います。先日同タイトルに挑戦した船井さんも挑戦者決定戦やりましたね。5位と8位で暫定王座決定戦だったらやばかったですが。勝てば2度目の挑戦権を手にいれられますし、気は早いですタイトルも取って元同僚の井岡に肩を並べてほしいですね。プリンスと聞くとおじさんの時代は日産プリンスとプリンスホテルとこのプリンスです。

然しおじさんは、マイケル・ジャクソンとの区別が当時つきませんでした。<(_ _)>