井上尚弥「決勝を待てない」 WBSS決勝のドネア戦  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付け再開しましたよろしくおねがいいたします。

井上尚弥「決勝を待てない」 WBSS決勝のドネア戦 11・7さいたまスーパーアリーナ正式発表

 プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が出場するワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われることが決まった。WBSSが7日(日本時間8日)、公式サイトで正式発表した。井上は世界5階級制覇でWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=を迎える。

 決勝の試合地としては米国、英国、中東、マカオなどが候補に上がっていた。さいたまスーパーアリーナは最大約3万5000人を収容が可能な首都圏屈指の大型施設。ボクシング興行は、2010年12月26日のWBA世界バンタム級正規王座決定戦に臨んだ亀田興毅、WBA世界フライ級王座の防衛戦を行った亀田大毅のダブル世界タイトルマッチ以来となる。

 井上は昨年10月に横浜アリーナで行われたWBSS1回戦で元WBA世界バンタム級スーパー王者のフファンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を右ストレート一撃で初回70秒KO勝ちした。今年5月に英スコットランド・グラスゴーで行われた準決勝では、IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)から3度ダウンを奪う2回TKO勝利を飾り、バンタム級2冠目を手にした。

 WBSSを通じ、井上は「決勝を待ちきれない。ボクシング界のレジェンド、ドネアと決勝で戦えることは光栄です。そのレジェンドに勝つために最善を尽くします」とコメントを寄せた。

 

待てないのは本人だけではなく我々も同じ、お盆頃っていってましたが、向こうが先に発表しちゃったんでしょうね。気になるのはチケット。

まさかアイドル歌手の様に抽選とかはないよね。絶対やめて。あ~あと3か月、早くこいこいお正月ってそんな気分。