拳四朗が地元京都でV6祝勝会 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

拳四朗が地元京都でV6祝勝会

7月に6度目の防衛に成功した、ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27=BMB)が29日、京都市内で地元後援会主催の祝勝会に出席した。

 具志堅用高が持つ世界王座13連続防衛の日本記録を目標に掲げており、その半ばに達した。冒頭に壇上であいさつに立ち「15(連続防衛)ぐらいまでいきたい」と力強く宣言。約200人の出席者から喝采を浴びた。

 カウンターの右ストレートで4回TKO勝ちしたシーンは全国中継され、街中で声をかけられることが増えたという。特に大阪での反響は上々で「勝ち方は大事ですね」とKOで防衛を重ね、一層の知名度アップを狙う。

 同じ階級のWBAスーパー王者・京口紘人(25=ワタナベ)ら他団体王者との統一戦や日本人対決が実現すれば、注目度は高まるだけに「やりたいですね」と意欲をみせた。


実力あって試合も(個人的には面白い)しかし拳四朗は動い運をもっている。それは不運という名の運を。いい試合をしても井上尚弥に持っていかれ、現役最多のV6を果たしても、村田さんに持っていかれ。(セミだからしかたないが・・)ジャンクスポーツにでも呼んでもらいてトークがさえて人気でるといいんですけどね。今まで3か月4か月に1度の防衛戦ペースも今回は7ヶ月、この扱いだと15回まで年2回で5年、年1度ならあと7.8年近く掛かってしまいますね。テレビ局のバックアップがもっと欲しいですね。