村田諒太前王者ブラントが希望する“第3戦”に言及 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

村田諒太「プロとして誰もが見たいと思う試合を」 前王者ブラントが希望する“第3戦”に言及

 

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=が21日、都内で行われたWOWOWのボクシング番組「エキサイトマッチ」の収録に参加し、世界6階級制覇のマニー・パッキャオ(フィリピン)対キース・サーマン(米国)のWBA世界ウエルター級王座統一戦のゲスト解説を務めた。19日に米スポーツ専門局ESPN(電子版)がブラント陣営のプロモーターのグレッグ・コーエン氏が3度目の対戦に向け、契約に含まれていた再戦条項の権利を行使する、と報じた件に言及した。

 村田は12日に大阪で行われた前王者ロブ・ブラント(28)=米国=との再戦を2回TKOで制し、王座奪還に成功した。“再々戦”報道に「(プロモート契約する)トップランク、帝拳ジムの本田会長にお任せしたい。ただ、自分としては、プロとして誰もが見たいと思う試合をしたい」と静観する姿勢を示した。

 WOWOWの番組中には「カネロ、ゴロフキンの2トップ」と激戦のミドル級戦線の引っ張る「カネロ」の愛称で人気の3団体統一王者のサウル・アルバレス(メキシコ)と、元統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を改めて希望し、「もう1つランクが上の選手と戦いたい」と話した。

 一方で、他の海外メディアでは村田の次戦候補に、元WBO世界ウエルター級王者でWBA世界ミドル級3位のジェフ・ホーン(オーストラリア)を推す声もある。ホーンは2017年7月にパッキャオに判定勝ちし、王座を奪取した実力者。村田は「とにかくモチベーションが上がる試合を、自分の心として輝きが落ちない試合をしたい」と独特の言い回しで次戦への意欲を話していた。

 

ブラントとの3戦目よりやはりカネロやゴロフキンとやりたいでしょうね。

しかしブラントに雪辱果たしたからと言って、彼らの候補に名前が挙がるかといううと?アラムさんのリップサービスくらいですね。やはり村田さん自身の知名度も上げていかないとと思います。次戦の対戦候補にジェフホーンの名前が挙がっているようですが、いいんじゃないでしょうかね。名のある選手に勝ってカネロやゴロフキンへの挑戦権を掴んで欲しいというのが私の希望です。

40歳パッキャオ、王座統一「楽しめた」 10歳下のサーマンとの王者対決に判定勝ち

 

◆プロボクシング ▽WBA世界ウエルター級(66・6キロ以下)王座統一戦12回戦 〇マニー・パッキャオ(判定2―1)キース・サーマン●(20日、米ネバダ州ラスベガス MGMグランドガーデンアリーナ)

 世界6階級制覇でWBA世界ウエルター級正規王者マニー・パッキャオ(40)=フィリピン=が王座統一と2度目の防衛に成功した。同級スーパー王者のキース・サーマン(30)=米国=を2―1の判定(115―112×2、113―114)で下した。パッキャオの戦績は62勝(39KO)7敗2分け、初黒星となったサーマンは29勝(22KO)1敗1無効試合となった。

 試合前は両者とともに元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)がリングイン。約1万4000人の観衆が沸き立った。

 初回、パッキャオはコンビネーションを出しながらもサーマンの圧力を受け、ロープを背にする場面が目立った。ところが終盤に突進し、左ボディーからつないだ右ストレートで相手の顔面を捉えた。サーマンは背中から倒れてダウンした。

 2回以降はリズムに乗った。サーマンも得意の左フック、ボディー攻撃で攻め立てたが、パッキャオは小刻みなパンチをまとめ、攻勢を強めた。

 パッキャオのテンポに慣れてきたのか。中盤からサーマンも上下にパンチをちらして盛り返してきた。7回には右から左へとつないだ“逆ワンツー”で一瞬、相手を棒立ちにさせた。

 一進一退の攻防が続く中、10回、パッキャオはフルスイングの左ボディーを相手右脇腹のレバーに突き刺した。苦しげな表情を見せたサーマンの動きが止まると、息を吹き返したように追撃打を浴びせ、盛り返した。最終12回も互いに動きが鈍らず、激しく打ち合った。

 熱戦を終え、「楽しめました。サーマンはしぶとく良いファイターでしたし、強かった。彼も私もベストを尽くした結果だ」と勝利を喜んだ。フィリピンの国会議員も務める身だが、「次の試合は来年になるだろう。フィリピンの仕事もしないといけないし、忙しくなるでしょう」と結んだ。

 

40歳でもまだまだ戦ってるパッキャオこそモンスタ~って感じです。

KOは減ってきましたが、戦ってる相手はみな一流どころですからね。

いやいや恐るべき40歳、適度なインターバルがいいんでしょうかね?

現役の間に日本人との対戦が観たいです。