WBO前王者伊藤、9月に再起戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

WBO前王者伊藤、9月に再起戦 「燃え尽きていない」

 前世界ボクシング機構(WBO)スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(横浜光)が19日、横浜市の所属ジムで記者会見し、9月13日に東京・後楽園ホールで再起戦を行うと発表した。1階級上のライト級でノンタイトル10回戦を予定している。対戦相手は未定。

 28歳の伊藤は「後悔が多く、まだ燃え尽きていないと思った。また世界を目指したい。年末にチャンスをもらえれば」と意欲を語った。5月の2度目の防衛戦は、ジャメル・ヘリング(米国)を攻めあぐね大差の判定負けだった。

 

見てる方も不完全燃焼でしたのであの試合を最後にはできないでしょうね。ひと昔前なら28歳は引退も視野に入ってくるお年頃でしたが。

ダメージも無さそうなので、まだまだやって欲しいですが、同じ9月に挑戦者決定戦を行う予定の尾川さん、なにやら相手が来日するか怪しいとのうわさも出ています。1週間早めて伊藤vs尾川で挑戦者決定戦でもやってくれないですかね?

 

村田諒太に敗れた前王者ブラントが3度目の対戦希望か

 

米スポーツ専門局ESPN(電子版)は18日(日本時間19日)、プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=に敗れた前王者ロブ・ブラント(28)=米国=が、契約に含まれていた再戦条項の権利を行使すると報じた。ブラント陣営のプロモーターのグレッグ・コーエン氏が明らかにした。日時と場所は未定という。

 ブラントは12日に大阪で行われた世界タイトルマッチで村田と再戦したが、メッタ打ちにされ2回2分34秒でTKO負けを喫し、2度目の防衛に失敗。王座から陥落した。試合後は「日本のファンが情熱的な応援をくれて良かった。3度目の村田戦があってもいい」と話していた。

 初対戦となった昨年10月の試合ではブラントが判定勝ちし、村田から王座を奪取した。「村田対ブラント」が実現すれば3度目の対戦となる

 

契約事項に含まれてたならやるしかないでしょうが、村田さんの次の試合でやるってのはなしでしょうね。防衛戦1つやってからでしょうが。

万が一村田さんが初防衛でこけたら、新チャンピオンにブラントが挑戦て形で、ブラント勝っちゃたら、再戦事項の契約もきえるんじゃないですかね?村田さんの方にも再戦事項含まれてるんでしょうか?まあないでしょうが、村田さんが初防衛の相手に即リベンジで輪島さんばりの3度目の王座獲得後で、ブラントと3度目って形で。どうなりますか?