村田、次戦はカネロかゴロフキン | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

 

拳四朗、V13具志堅さん超えを決意…WBC世界ライトフライ級V6から一夜明け会見

 V6を果たしたWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27)=BMB=が、WBA世界ミドル級王座に返り咲いた村田諒太(33)=帝拳=とともに大阪市内で会見。試合から一夜明け、改めて13回防衛の具志堅用高さん超えを決意した。

 右頬が少し膨らんだ以外は傷一つない拳四朗の顔が、笑みでいっぱいになった。ダブル世界戦一夜明け会見前の雑談で、村田が拳四朗について「負ける感じがしなかった。あのボクシングをやったら(相手は)ついていけないよね」と言及、そのことを伝え聞くと「本当ですか? それは感激です」と大喜びした。

 ジョナサン・タコニン(フィリピン)を4回TKOで下し、同階級の国内世界王者では歴代単独3位となる6連続防衛。「ああいう勝ち方をすると実感も大きい。倒せるボクサーになっていきたいと強く思った」。と同時に「具志堅さんのまだ半分。13回防衛は結構遠いな。それだけ大きい目標だから頑張れる」と意気込んだ。

 元日本ミドル級、元東洋太平洋ライトヘビー級王者で父の寺地永(ひさし)BMBジム会長は「拳四朗は強い相手の方が100%以上の力が出る。逆に弱いと楽にいこうとする。これからは強い選手としかやらない」と話した。最大目標は最多防衛記録。村田の試合は「勝つぞという気迫が伝わってきた。すごいスターやなと」と感激した拳四朗。スターにもらった“エール”を胸に、さらなる成長を遂げる。(谷口 隆俊)

 

拳四朗選手14回にはあと2.3年かかるでしょうが、メインが

1度もない井上選手が海外での試合が多くなるとフジで放送してもらえない。村田選手もあと2.3.年は厳しいでしょう。早くメインを張らせて

自主興行して欲しいですが・・試合枯れしないか心配です。

村田さんはゴロフキンがWBA狙ってくれば対戦の可能性もありみたいな記事もありますし、アラムさんが次カネロと言ってますが、こちらもどうでしょうか?