王者ロブ・ブラント、返り討ち自信 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

王者ロブ・ブラント、返り討ち自信「村田に対する恐怖や恐れはない」

◆報知新聞社後援 プロボクシング ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ 王者ロブ・ブラント―同級4位・村田諒太(7月12日、エディオンアリーナ大阪)

 ラーメン食べても大丈夫! WBA世界ミドル級王者ロブ・ブラントが4日、都内の帝拳ジムで練習を公開。「私には村田に対する恐怖や恐れはない。ただ倒すのみ。12回、戦い抜いても、勝つのは私だ」と前王者、村田諒太の返り討ちに自信を見せた。

 約1時間のメニューをこなし、シャドーでは軽快なフットワークと伸びのあるパンチを披露。ミット打ちでは左構えにスイッチし、ボディーをさまざまな角度で打ち込んでみせた。

 米ラスベガスで8週間の合宿を行い、標高約2500メートルのチャールストン山を13回も駆け上る高地トレを敢行。手数の増えそうな試合を予測し、スタミナ強化を図った。「日本は湿度があって空気が重い。早く来日(先月28日)して適応できた」とブラント。エディ・ムスタファ・ムハマド・トレーナーは「明日にでも試合ができる」と豪語した。

 心強いのが、ミシェル・インゲルス管理栄養士の存在だ。これまで数多くのアスリートをサポートしてきたメディカルドクター。「日本の食材はいい。繊維質のあるレンコンや発汗作用のある唐辛子は質がいい。ただ、ストレスは与えたくない」と、好きな物もあえて抑制しない。「夕べはラーメン食べたわ」と言う栄養士に、王者は「おいしかったね」とウィンクした。

 「12日は人生が変わる分岐点となる」とブラント。会見開始10分前から着席した余裕の王者。最後まで笑顔が消えなかった。(谷口 隆俊)

あと1週間。なんか余裕といううかなめ腐ってる気がしますな~。夫人の首絞めて殴るろうとして、夫人が、おなかの子は殴らないで~( ノД`)シクシク…って言ってるような写真ですな。12日村田さんがDVで成敗してくれるわ~。って冗談ですが、日本は湿度があって空気が重い。来週は試合後控室の空気重くしてやるぞ~。