井岡一翔が計量クリア  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井岡一翔が計量クリア 京口紘人、吉田実代も ボクシングトリプル世界戦

6/18(火) 11:36配信

デイリースポーツ

 「ボクシングトリプル世界戦」(18日、幕張メッセ)

 前日計量が18日、東京都内で行われ、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦では、同級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=が制限体重(52・1キロ)から100グラムアンダーの52・0キロ、同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=は制限体重ちょうどの52・1キロで両者とも1回目でクリアした。


 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチでは、王者の京口紘人(25)=ワタナベ=が制限体重(48・9キロ)から100グラムアンダーの48・8キロ、挑戦者で同級10位のタナワット・ナコーン(26)=タイ=は200グラムアンダーの48・7キロでそれぞれ1回目でクリアした。

 WBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦は、女子東洋太平洋、同日本バンタム級王者の吉田実代(31)=EBISU K’s BOX=が制限体重(52・1キロ)から300グラムアンダーの51・8キロでパス。

 予備計量の際、全裸で体重計に上がりながら150グラム超過していた女子WBOアジア太平洋フライ級王者ケーシー・モートン(35)=米国=は、髪をバッサリと切って現れ、制限体重の52・1キロでクリアした。

 
女子のフライ級リミットは52.1キロなんですね。