井岡一翔「最高にいい状態」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

4階級制覇挑戦の井岡一翔「最高にいい状態」 予備検診異常なし…19日世界戦

◆プロボクシング ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王座決定戦12回戦 同級1位アストン・パリクテ―同級2位井岡一翔(19日、千葉・幕張メッセ)

 日本人初の世界4階級制覇を狙うWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔(30)=Reason大貴=が17日、都内のワタナベジムで、対戦相手の同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=とともに世界戦の予備検診を受けた。

 身長165・4センチ、リーチ169・2センチの井岡に対し、パリクテは身長が169・5センチ、リーチは175・5センチだった。先週まで行っていた米ラスベガスでの合宿を踏まえ、「自分よりリーチが長い選手ともスパーリングをやってきて、手応えはつかんでいる。今になって気になることはない」と意に介さない様子。18日に控える前日計量へ減量は残り1キロで「すごくいい。最高にいい状態と思うぐらい充実している」と晴れやかな表情で話した。

 一方のパリクテは「体格差はアドバンテージになる。KOでも判定でも勝つ自信はある」と勝利宣言していた。

 

 

 

 

 

 

 

 


さて明後日に迫りました井岡さん4階級制覇、最近はあまり聞きませんが唯一無二の存在になりたい。19日果たして唯一無二の存在となれるでしょうか?雨降らないといいな~