打倒・井岡一翔に「100%仕上がった」と自信 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

打倒・井岡一翔に「100%仕上がった」と自信 アストン・パリクテが公開練習

◆プロボクシング世界戦 ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王座決定戦12回戦 同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)―同級2位・井岡一翔(Reason大貴)(19日・幕張メッセ)

 4階級制覇を狙う井岡一翔と対戦するアストン・パリクテが16日、都内のワタナベジムで公開練習を行った。試合3日前ながら、ミット打ち4回、サンドバッグ打ち3回など約1時間も体を動かし続けた。

 「100%のコンディション。試合がとても楽しみで、エキサイティングだ」と話したパリクテ。減量についても「心地よく体重を落としてきたよ」と問題はなさそうで、ミット打ちの2ラウンド目からはシャツを脱いで、上半身裸で重いパンチを打ち続けた。

 ニックネームは「マイティ(力強い)」で、25勝のうち、KO勝ちは21。KO率は84%を誇るが、「KOにはこだわらない。あらゆるパンチに自信があるし、井岡のディフェンスを崩していく」とサラリ。ここまで110ラウンドのスパーリングをこなしてきたという。

 井岡が昨年末に判定負けしたドニー・ニエテス(フィリピン)とは昨年9月に引き分けた。「ニエテスと井岡、どちらと戦いたかったか?」という質問に「イオカ」と答えたパリクテ。「イオカよりも大きいし、その優位性を生かしていきたい。アウトからのパンチも強いよ。小さい頃から世界チャンピオンになることを夢見てきた。それを実現する時が来た」と拳を握り直した。

 

タナワットは「スタミナありそう」京口陣営が警戒

1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(19日、幕張メッセ)

 同級スーパー王者の京口紘人(25)=ワタナベ=に挑戦するタナワット・ナコーン(26)=タイ=も16日、都内で練習を公開。

 ムエタイではルンピニーの108ポンド級王者になった実力者は、あどけない外見とは裏腹にミット打ちで力強く回転のいい連打を繰り出した。「150回のスパーリングをして、今が一番強い状態」と手応え。京口陣営の渡辺会長も「見た目よりまとまっていてスタミナがありそう。5回ぐらいでKOできると思っていたけど、分からないね」と警戒を強めた。

 

調印式先にやっちゃったんでいつもの世界戦とは異なりますが、今日予備検診で明日、前日計量でしょうね。パリクテニックネームはマイティーですか、(ミキティーだったらリングサイドから上半身裸の人が叫んでそう)パンチはあってもあたらなければしょうがない。井岡選手が打ち合いに行くとは、思いませんが・・然しSフライにしては大きいですね。一方タナワットは童顔ですね。京口さんも童顔ですので、顔だけならユース世界戦でもいけそう。今の京口選手に勝つのは難しい。油断がなければ会長の予想通り5RまでにKOできるんじゃないでしょうか?

ただ京口選手が幾ら早く倒しても、井岡さんの試合開始は21時だから早く帰れないですが・・・・