京口「テーマは圧倒」左対策万全 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

初防衛を目指す王者・京口が7日、タナワット戦に向けて総仕上げのスパーリングを行った。来月プロテストを受験予定の重岡優大(22)を相手に4ラウンド。熊本・開新高で高校4冠を達成し、拓大3年だった昨年の全日本選手権ライトフライ級を制したアマエリートに押し込まれる場面もあったが、強烈な左ボディーを打ち込むなどハイレベルな攻防を披露し「緊張感を持って、いい練習ができました」と充実感をにじませた。

 週明けにも2ラウンドのスパーを予定しているが、本格スパーはこの日で終了し、今後は疲労回復と減量にシフトする。先月のフィリピン合宿を含め、スパーは100ラウンド超。タナワットはムエタイ出身の無敗のサウスポーだが、京口は「右(構え)に比べれば、やりにくさはあるけど、大丈夫」と攻略に自信を持っている。

 難しいとされる初防衛戦も2階級制覇の京口にとっては経験済み。自信を裏付けるように、練習後には重岡に足を止めた時の対処法をアドバイスするなど余裕を漂わせた。
 
 地元・大阪に後援会が誕生し、来月には発足記念パーティーも開催される予定。その前にベルトを失うわけにはいかない。京口は「今回のテーマは圧倒すること。見ている人が面白いと思うボクシングをしたい」と誓った。

 

 

井岡選手の4階級制覇にばかり注目が集まりますが、京口選手ももっと注目を集めていいボクサー。なのに試合は後日録画放送でしかも関東ローカルって・・(テレビ東京で放送されてたとしても地元ではみれないが)扱いひどいなと思うがこれも時代の流れ・・顔もいけてると思うのですが、でもイケメンの伊藤選手でも視聴率取れてないし。選手の人気って難かしい・・世間は注目しなくても応援してるぞ~。