村田諒太に“作戦参謀 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

村田諒太に“作戦参謀”トレーナー、アダムス氏が9日に来日

◆報知新聞社後援 プロボクシング ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ 王者ロブ・ブラント―同級3位・村田諒太(7月12日、エディオンアリーナ大阪)

 前WBA世界ミドル級王者・村田諒太が“作戦参謀”を招き、因縁のリマッチへ必勝を期す。王者ロブ・ブラントとの再戦に向けて6日、都内の帝拳ジムで練習を公開。WBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)のトレーナーを務めるケニー・アダムス氏(78)が9日から1週間の予定で来日し、戦術面の助言を受けることになった。

 村田は「試合まであと1か月で、作戦の相談をするにはいい時期」と名伯楽を歓迎した。これまでは陣営一丸となり試合に臨んできたが、一時的に外部から指導者を招くのは異例。帝拳ジムの本田明彦会長(71)は「やっていることの確認と万全を期すため」と説明した。

 同氏は過去に20人以上の世界王者の指導に携わってきた名トレーナー。ドネアは今秋予定のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズのバンタム級決勝でWBA&IBF王者の井上尚弥(大橋)との一戦を控えている。1984年ロサンゼルス五輪で米国代表監督を務めた経歴も持つ。

 村田は5日に8回のスパーリングを消化し「疲れが出る時期だけど調子はいい」と笑顔。2日から練習パートナーに迎えたWBC世界ミドル級8位ルイス・アリアス(28)=米国=がアマ時代からのブラントの知り合いで「何か言ってましたね」と攻略のヒントをつかんだ様子。王座返り咲きへ万全の態勢を敷いていく。(飯塚 康博)

 

さてどういう作戦でいくんでしょうかね?大きくは変わらないのか?それとも劇的な変化がみれるのか?早いものであと1か月。再起戦をやってくれればブラント再戦時の戦い方とかも少しは予測ついたんでしょうが、ダイレクトリマッチ。前回みたいに前へいっても打たれたらいみないし。かといって華麗にパンチをかわす姿は想像できないし。

う^ん予想は村田さんのコンディション次第。