ボクシング前WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(28=横浜光)がライト級と合わせた2階級を見据えて王座返り咲きを目指す意向を示した。

25日に米キシミーで同級9位ジャメル・ヘリング(33=米国)に0-3の判定負けを喫して2度目の防衛に失敗。試合後は米国に滞在し、家族と過ごしていた。31日に帰国した伊藤は現役続行の意思を明かし「130ポンド(スーパーフェザー級)だけでなく、135ポンド(ライト級)も含めて。チャンスがある方で」と2階級に視野を広げて世界戦のチャンスをうかがうつもりだ。

あらためてヘリング戦を振り返り「もっと相手が出てくるかと思っていた。ふがいない試合をしてしまった」と反省しつつ「できるのならば、もう1回やりたい」と、リベンジしたい気持ちも口にしていた。

 

1戦にすべてをかけてるのでわかるが、負けたら引退っていう日本人的な考えもどうですかね。もう一度やったら勝てるとは言い切れないが、もう一回やりたいと思っているなら、アラムさんの会社に契約してもらったんだからチャンスあるんじゃないですかね?今のライト級は厳しいと思う。畑山さんは、Sフェザーで負けて1度引退宣言して1年後にいきなりライト級だったけど当時のチャンピオンがセラノだったのもありますよね。ただ畑山さんは格好良かったけどセルフプロデュースにもものすごく長けていた人だったと思います。まあ本人の決めた事なんで外野は今後を観ていきたいと思います。個人的には、木村選手の方が今は心配