WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ 伊藤vsヘリング | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

伊藤雅雪、判定完敗でV2失敗 トップランク契約初戦で痛恨の王座陥落

1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ」(25日、キシミー)

 WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチが25日(日本時間26日)、米国フロリダ州キシミーのオセオラ・ヘリテージ・パークで開催され、王者の伊藤雅雪(28)=横浜光=は0-3(112-116、110-118×2)の判定で同級9位のジャメル・ヘリング(33)=米国=に敗れ、2度目の防衛に失敗した。

 伊藤は米国での愛称「ザ・ジャッジ(裁きを下す者)」にちなみ小槌を持って入場。しかし序盤ペースを握ったのはロンドン五輪出場経験のある(ライトウエルター級1回戦敗退)挑戦者だった。サウスポーからシャープな右ジャブを飛ばし、距離を支配する。伊藤は5回から接近戦も挑むが、至近距離でも有効なショートパンチが打てない。後半、疲れの見えるヘリングに対しても攻め切れず、判定で完敗した。

 伊藤は昨年7月、今回と同じキシミーのキシミー・シビック・センターで行われた同級王座決定戦で、クリストファー・ディアス(プエルトリコ)に下馬評を覆す判定勝ちを収め、世界初挑戦で王座を獲得。日本選手が米国で王座に就くのは1981年の三原正(三迫)以来、37年ぶり5人目の快挙だった。同年12月には大田区総合体育館でエフゲニー・チュプラコフ(ロシア)に7回TKO勝ちして初防衛に成功。今年4月には米興行大手トップランク社と3年契約を締結し、今月22日にはデビューから所属していた伴流ジムから横浜光ジムに移籍した。ビッグマッチを求めて新たなスタートを踏み出すはずの一戦だったが、痛恨の黒星となった。

 伊藤の通算戦績は28戦25勝(13KO)2敗1分け。ヘリングは22戦20勝(10KO)2敗。

 

悪い予想が当たってしまいました。1R終わった時点で勝てないなと思いましたね。12R通じて何度か伊藤選手にチャンスもありましたが、せめきれない。終盤スタミナきれてきたの明らかでしたけどね。それ以上に伊藤選手に策が無いというか・・よく昭和の挑戦者の世界戦、前へ行く手を出すが当たらない、ジャブがよけられず中に入れない、パンチが当たらないまま試合終了。「世界のレベルの高さを感じました」など。

今回の伊藤選手は被弾を必要以上におそれた?か、何が何でも倒してやろうという感じが伝わってきませんでしたね。相手のボクシングに付き合ってしまった感じ。へリングも挑戦者殺到しそうなチャンピオンですね。早速トップランクと契約したようですが、伊藤選手3年系約、いずれは世界再挑戦の機会がくるか?まずはゆっくり休んでください。お疲れ様でした。