清水聡 7・12大阪でWBOアジアパシフィック王座戦決定 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

久保隼、経験値の差で勝つ 敵地・中国で公開練習

◇プロボクシング▽WBA世界フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦(26日、中国・撫州)

 世界2階級制覇を狙う元WBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼(29)=真正=が23日、試合地の中国・撫州市内で公開練習を行った。現地メディアら約50人を前に、主催者側による中国語での代表質問に応対。今回が初防衛戦となる王者・徐燦(25)=中国=について「まじめで気持ちの強い選手だと思う」と敬意を表し、「相手になくて僕にあるものと言えば、経験。勝つつもりで来た」と意気込んだ。

 久保はプロでの試合数こそ徐より少ないが、17年4月のWBA世界スーパーバンタム級戦ではネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)を11回でギブアップさせる逆転TKO勝ちで世界初挑戦世界初奪取。同9月の初防衛戦ではダニエル・ローマン(米国)に敗れ、プロ初黒星と王座陥落の屈辱を味わった。昨年4月の再起戦では世界挑戦経験のある大沢宏晋(ロマンサジャパン、当時)に2―1の判定勝ち。その後は眼疾を乗り越えて今回の世界再挑戦にこぎつけるなど、王者の徐よりも多くの修羅場を経験してきた。

 この日、王者陣営が見つめる中での公開練習は、シャドーボクシングとミット打ちを軽めに1ラウンドずつ行い、手の内は明かさず。「KOでも判定でも勝つ」。日本への手土産は、2本目の世界ベルトと決めている。通算成績は徐が16勝(2KO)2敗、久保が13勝(9KO)1敗。

ロンドン五輪銅メダルの清水聡 7・12大阪でWBOアジアパシフィック王座戦決定 ロンドン金の村田諒太と競演

 

◆報知新聞社後援 プロボクシング ▽WBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級(58・9キロ以下)タイトルマッチ 王者ジョー・ノイナイ―挑戦者・清水聡(7月12日、エディオンアリーナ大阪)

 2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダリストで、東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(33)=大橋=が7月12日、エディオンアリーナ大阪で、WBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者のジョー・ノイナイ(フィリピン)に挑戦することが決まった。23日、横浜市内の所属ジムで記者会見を行い、17勝(6KO)2敗1分けの戦績のノイナイとの一戦へ「パンチをもらわず、圧倒的に勝ちたい」と必勝宣言。世界挑戦をアピールしていく。

 2016年9月のプロデビュー以降、「ダイヤモンドレフト」と呼ばれる鋭い左の強打で。8戦オールKO勝利のパーフェクトレコードを誇る。高校まで岡山で過ごし、今回は地元に近い大阪での試合を「昨年、後援会もできたし、友人たちに応援に来てもらえれば」と胸を弾ませている。

 ロンドン五輪金メダリストに輝いた前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=とは同学年の親友で、アマチュア時代は何十試合も一緒に出た」と懐かしむ。今回、同じ興行で村田が世界王座返り咲きに挑む。プロでは2016年12月の興行以来、2年7か月ぶりの競演で村田の前座を務める形だが、「アマチュアの時のように、僕が先に勝って村田にプレッシャーをかけたい」と不敵に笑った。

 この日は2020年東京五輪でのボクシングの競技存続が決まったことを受け、「後輩たちがずっと不安に思っていたので、本当にうれしい。オリンピックの素晴らしさを後輩たちにも味わってもらいたい」と喜んだ。

清水と村田はセットじゃ~。大橋ジムですから井上兄弟応援にきますかね。フジの解説かな?試合後のトークが楽しみ。