拳四朗、7・12地元大阪でV6戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

拳四朗、7・12地元大阪で現役最多V6戦 勝って王座統一目指す

 ボクシングWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=は22日、都内の三迫ジムで会見を開き、7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級1位ジョナサン・タコニン(32)=フィリピン=と6度目の防衛戦を行うと発表した。

 京都生まれで大阪・関大ボクシング部出身の拳四朗は、世界王者となって初の地元での試合を「ずっと大阪か京都でやってくれと言われていたので、それがかなうのはうれしい。成長した姿を見せたい」と歓迎。指名挑戦者でサウスポーのタコニンとはフィリピン合宿で3度スパーリングをしたことがあるといい、その印象を「パンチはある方で、振ってくるのが多いので、ボクは足を使ってジャブを突いて距離を保ちながら攻めていきたい」と話した。

 日本人現役世界王者では最多の5度防衛中の安定王者は「他のベルトも欲しいので、声があれば応じますし、こっちからも発信していければ」と団体王座統一戦に興味。19日に小西伶弥(真正)の挑戦を退けたIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)、アマチュア時代に対戦経験のあるWBA同級王者の京口紘人(ワタナベ)らがいるが、「より強いといころを見せて、いろんな方に挑戦したい」と目標を掲げた。

試合が決まったのは嬉しいがテレビの場合放送されなかったりするので素直に喜べないですね。関西出身なのに放送されなかったこともあるようで・・・先日の小西選手の世界戦も今のところ放送ないし。タコニンかあ1位ですが指名試合ではないですよね。京口選手との試合みたいな。まあ

なんにせよテレビで放送して欲しい。

WBO世界Sフェザー級王者の伊藤雅雪が横浜光ジムへ移籍 25日に米国でV2戦

1枚拡大

 日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、伴流ジムに所属していたWBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(28)が22日付で横浜光ジム所属となったことを発表した。

 伊藤は25日(日本時間26日)に米国キシミーで同級11位ジャメル・ヘリング(33)=米国=との2度目の防衛戦を控え、現在は米国で合宿中。

 伊藤は昨年7月、キシミーでの同級王座決定戦でクリストファー・ディアス(プエルトリコ)に判定勝ちし、世界初挑戦で王座を獲得。日本選手が米国で王座に就くのは1981年の三原正(三迫)以来、37年ぶりの快挙を達成。同年12月に大田区総合体育館でエフゲニー・チュプラコフ(ロシア)に7回TKO勝ちして初防衛に成功。今年4月には米興行大手トップランク者と3年契約を結び、今後の活躍が期待されている。

 横浜光ジムはこれまで元世界2階級王者・畑山隆則、元WBA世界ミニマム級王者・新井田豊、元WBA世界スーパーバンタム級王者・李冽理と3人の世界王者を誕生させている。

これは!日本人感覚だとジムともめた?とか思ってしまいますが、2月で契約終了だったんですね。横浜光へ移籍して世界取ったのは畑山さんですが、あの時とは移籍の経緯が全然違いますね。まあなんにせよ25日勝たないことには・・

久保隼 2階級制覇へ「期待してもらえるとうれしい」

 

 「ボクシング・WBA世界フェザー級タイトルマッチ」(26日、撫州)

 王者の徐燦(25)=中国=に挑む、前WBA世界スーパーバンタム級王者で同フェザー級10位の久保隼(29)=真正=が22日、中国への出発前に関西空港で取材に応じた。

 約80ラウンドのスパーリングをこなしてきた久保は「充実した調整期間だった。今が一番いいと思う」と納得の表情を浮かべた。海外での試合は14戦目で初めてだが「今のところは何も思っていない。リングに上がれば緊張するかもしれないが、それも全てその場で受け入れていこうと思う」と力むことはない。

 18日(日本時間19日)には英グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、WBA王者の井上尚弥(大橋)がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝利を収め、IBF王座も手中にしたばかり。井上に続く海外での王座奪取にも期待がかかる。

 久保は井上について「人外ですね。予想を超えてくる漫画みたいな選手。すごいですね」と苦笑い。「どの試合も大事にやってきてるつもりなので、それに今回はベルトがついてくるだけと思っている。性格的に自信があるとは言えないが、期待していてもらえるとうれしいなと思う」と、海外での世界戦にも気負わずに話した。

 減量も順調でリミット(57・15キロ)まで残り約2キロといい、白米や羊羹(ようかん)などを持ち込み、最後の体重調整に努める。試合には前WBO世界ミニマム級王者で、昨年8月に引退した山中竜也さんも応援に駆け付けるという。公私ともに久保の支えとなり「感謝しかない」と話す盟友の前で2階級制覇を成し遂げる。

 通算戦績は徐燦が16勝(2KO)2敗、久保が13勝(9KO)1敗

大好きな西城さんがもっていたベルトで西城さん以来日本人のWBAフェザー級チャンピオンは誕生してないんですよね。佐藤さん、榎さん

細野さん、武本さんが挑んだのかな?みんなクリスジョン。

う~ん仮にとってもチャンピオン多くてよくわかりませんが、戦績みると

KOは少ないですね。勝っても不思議ではないが、大沢選手より先に挑戦できるって、やはり久保選手持ってますね。