ヒーローの凱旋帰国はこうでないと | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

王者対決圧勝に「100点」 井上尚弥WBSS準決勝開催の英国から凱旋帰国

 プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が21日午後、羽田空港着の便で帰国した。

 井上尚は18日(日本時間19日)に英グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝のIBF世界同級タイトルマッチで、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=に2回1分17秒でTKO勝ちし、王座奪取に成功。バンタム級で2冠目を手にした。

 試合翌日にグラスゴーを離れ、フジテレビの番組収録のため、ロンドンに立ち寄り、この日帰国した。父の真吾トレーナー(47)、弟のWBC世界同級暫定王者の拓真(23)、いとこの日本ウエルター級王者・浩樹(27)=ともに大橋=を伴い、到着ロビーに現れた。

 ロビーで待っていたのは1歳7か月の長男・明波君。抱っこして表情を崩した。グラスゴーに応援に来ていた家族は20日に帰国。「来ていると思っていなかったので、すごくうれしかった。デレデレでしたね」と話した。機中ではほぼ眠れなかったが、家族、関係者、報道陣に出迎えられ、「歓迎を見て、疲れが吹き飛びました」と笑った。

 無敗の王者対決で、またも圧巻のKO劇を見せ、「内容的には100点をつけられる。その中で『もっと、こうしたい』というのがあるぐらい」と珍しく高い自己評価を出した。真吾トレーナーも「80、85点」と採点すると、井上尚は「なかなか高いじゃないですか」と喜んでいた。

 

サッカーの日本代表には及びませんが、ボクシングの世界チャンピオンの帰国にこれだけの人が集まったというのもファンからすると嬉しいですよね。やはりこうでないと。今までは日本のファンが海外のボクサーの試合観戦に海を渡っていたがこれからは、井上観たさに向こうのファンが日本にやってくるでしょうね。ドネア戦については球場の天井がWBSSの何とかに適さないから地方がいいとか希望してるようですが、地方だったら勝手に北陸かな?と予想してるが12月とかだと寒いからないかな。知人の井上ファンは試合までは長いが始まるとすぐ終わる。病院みたいだ(診察までの待ち時間は長いが、診察はすぐ終わる)といっとりました。<(_ _)>