世界初挑戦の船井龍一、令和最初の世界チャンピオンへ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

世界初挑戦の船井龍一、令和最初の世界チャンピオンへ「ベルトを取ることに集中する」

羽田空港で世界戦への抱負を語った船井龍一

 

◆プロボクシング 世界戦▽IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・ジェルウィン・アンカハス―同級1位・船井龍一(5月4日、米カリフォルニア、ストックトン・アリーナ)

 WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者でIBF世界同級1位の船井龍一(33)=ワタナベ=が5月4日に米国で行われる同級王者ジェルウィン・アンカハス(27)=フィリピン=との一戦に向けて28日、出発前の羽田空港に取材を応じた。

 世界初挑戦を間近に控える船井は「38試合やってきたけど、今まで一番状態がいい。減量がうまくいっていて、けがもない」と笑みを浮かべた。減量はリミットの52・1キロまで残り3キロ。練習は27日で打ち上げた。日本で行う試合より早いペースで体重を落としており、「明日、計量でいいぐらい」と話した。

 「平成」も残りわずかで、試合を終えて帰国する時は、新元号「令和」が始まっている。令和で初の世界戦に臨む船井は「『令和最初の世界チャンピオン』というのは後々、歴史にも残るし、すごく気にしている。あとは試合を待つだけなので、ベルトを取ることに集中している」と闘志を燃やしていた。

 

世間は10連休中羨ましい限りです。然し10連休中に国内で観たい世界戦が無かったのが唯一の救い。さて5月の世界戦ラッシュ1番手は

船井選手。プロ15年って凄いです。決定戦もかってるし(なんでメキシコの選手とWBOのアジア)やったのかわかりませんが・・・まあ挑戦者決定戦に勝ったからいいんでしょう。

アンカハスはトップランクと契約してアメリカで戦って日本の帝里選手にも勝ってますが、私の印象は井上から逃げたチャンピオン。

まあ不利はわかってると思いますが、番狂わせでのタイトル獲得期待しております。

Ameba人気のブログ