久保隼、5・26中国決戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

久保隼、盟友・山中氏の思いとともに2階級制覇へ 5・26中国決戦

 「ボクシング・WBA世界フェザー級タイトルマッチ」(5月26日、撫州)

 前WBA世界スーパーバンタム級王者で同級10位の久保隼(29)=真正=が19日、神戸市内のホテルで会見し、世界戦決定を報告した。敵地に乗り込んでの挑戦に「どこであってもリングの上でやることは変わらない。最後は気持ちの勝負。そこで負けないようにしたい」と決意を見せた。久保は12日に中国・北京のホテルで同級王者の徐燦(25)=中国=と同席で会見し、5月26日に中国・江西省撫州での試合開催を発表していた。帰国して改めて1年8カ月ぶりとなる世界戦決定を報告した。

 久保は17年4月にネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)に10回TKO勝ちして世界初挑戦でWBA世界スーパーバンタム級王座を獲得。しかし同年9月の初防衛戦でダニエル・ローマン(米国)に9回TKO負けして陥落した。減量苦もあり、フェザー級にクラスを上げ、昨年4月には大沢宏晋(オール)とのサバイバル戦に判定勝ち。2階級制覇へ前進したが、そこから1年以上のブランクが生じる。

 実は昨年10月にスパーリング中にパンチをもらい、右目の滑車神経麻痺を患い、物が二重に見えるなど一時は日常生活にも支障が出る状況だった。3月に手術を行い、無事成功。翌日からジムワークも再開し「不安はない」と試合に向けて万全を強調した。

 昨年7月の2度目の防衛戦で硬膜下血腫を負って現役を引退した前WBO世界ミニマム級王者・山中竜也氏にも世界戦決定を報告した。「竜也から『絶対に勝ってください』という言葉があった」と明かす。「竜也も本当は続けたかったと思う。その分も頑張りたい」。ボクシングを続けることができなくなった盟友の思いも背負い、中国に乗り込む。

 山中氏は同日に第二の人生としておにぎり専門店「おにぎり竜」を大阪・北新地にオープンする。2本目のベルトを獲得して勝利報告に向かうつもりだ。

 王者の徐は1月に米国・ヒューストンでヘスス・ロハス(プエルトリコ)に判定勝ちして、中国選手として史上3人目の世界王者となった。今回が初防衛戦となる。戦績は徐が18戦16勝(2KO)2敗。久保は14戦13勝(9KO)1敗。

 

井岡さんは負けたら引退とか報道するのに久保選手の場合はないんですね。降って湧いたようなチャンスって感じです(外部からみれば)

1年以上も試合出来なくて即世界戦っていうのが、久保選手持ってますね。相手選手これからみてみますが、決まった以上は頑張ってください。然し真正ジム10日で2回に世界戦って忙しいですね。久保さんの顔がちょっと腫れぼったいのが気になります。