井岡一翔 6・19幕張で4階級制覇再挑戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井岡一翔 6・19幕張で4階級制覇再挑戦 課題は体格&リーチ差の克服

 

 「ボクシング・WBOスーパーフライ級王座決定戦」(6月19日、幕張メッセ)

 元世界3階級王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=が6月19日、千葉・幕張メッセイベントホールで行われるWBOスーパーフライ級王座決定戦で日本勢初の世界4階級制覇に挑む。16日(日本時間17日)に米専門サイト「BoxingScene.com」が伝えた。対戦相手は同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン。井岡は同級2位。

 井岡は昨年大みそかにマカオで同級王座決定戦で4階級制覇を目指したが、ドニー・ニエテス(36)=フィリピン=に12回判定1-2で惜敗。キャリア2敗目(23勝13KO)を喫した。今回の決定戦はニエテスが3月に返上した王座を争うもので、井岡は再起戦を挟まず、“ぶっつけ本番”で2度目のチャンスを得たことになる。

 パリクテは昨年9月、ニエテスとの同級王座決定戦での12回引き分けを含め、通算25勝(21KO)2敗1分けとKO率が高い。加えて身長173センチと軽量級では長身の部類に入る。身長165センチの井岡にとっては体格、リーチ差の克服も、4階級制覇に向け、大きなテーマとなりそうだ。

 

やはりボクシングシーンの方が正確だったか。ファイトニュースは大阪開催だったが井岡が大阪出身だけに信ぴょう性もありましたが、千葉の方が行きやすいので嬉しいですな。ただ単独で開催なんだろうか?TBSだと京口も出て来そうな気もしますが、井岡・京口Wみれたら尚嬉しいが。

 

Ameba人気のブログ