黒田雅之壮行会であと7、800万円足りない」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

黒田雅之壮行会で後援会長が“ぶっちゃけ”「あと7、800万円足りない」

◇プロボクシング▽IBF世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者モルティ・ムザラネ―同級4位・黒田雅之(5月13日、東京・後楽園ホール)

 前日本フライ級王者でIBF世界同級4位・黒田雅之=川崎新田=が14日、王者モルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=への世界挑戦に向け、神奈川・川崎市で壮行会を開いた。2013年2月にWBA同級王座挑戦で判定負け。この日はスポンサーら約100人が集まり「6年前は期待に応えられなかった。あの時との違いを見せられる。相手は南アフリカから、わざわざ地球の裏側までベルトを持って来てくれる。倒して勝つことが感謝の気持ちを表すことになる。またここで集まれるようにしたいです」とあいさつした。

 冒頭では、後援会の片山義規会長が“ぶっちゃけトーク”を披露した。壇上で「(ジムの)新田(渉世)会長には言いづらい話だと思うので、私にお鉢が回ってきた。6年前と同じで(世界戦開催の資金は)3000万円くらいかかる。チャンピオン側が南アフリカからやってくるので、チャンピオン御一行様の(旅費など)一切合切やファイトマネーも必要で、あと7、800万円足りない。あと1か月あるので、どうかご支援いただきたい」と冗談交じりにあいさつ。「お金が足りなくて挑戦できないのはさみしい。新田会長は志は大きいけど、お財布が小さいようで」と笑いを誘った。充実したバックアップがあれば、黒田にとって追い風となるはずだ。

 黒田は2度目の世界戦へ、サッカーJ1・川崎フロンターレ、プロバスケットボールBリーグ・川崎ブレイブサンダースの試合会場などで地道にPR活動をしてきた。この日は、フロンターレの私設応援団「川崎華族」のメンバーも参加。黒田の応援歌を披露し、会場を盛り上げた。試合当日にもサポーター約100人が応援に駆けつける予定。黒田は「頑張らないといけない。力になった。しんどい時に力になる。ボクシングを始めた時に思ったけど、一番上を目指すのは自然なこと。やりたいと思った時からそれはブレていない。川崎から世界に行く。ここから集中していきたい」と王座奪取を誓った。

 

テレビ局や大口のスポンサーがないと世界戦の開催は大変ですね。

あと7.800万って滞在費や黒田のファイトマネー大丈夫か?と思ってしまいますが。越本さんは世界戦開催の為ファイトマネー0でってのありましたが。なんとか勝って稼いで欲しいものです。一方伊藤選手は

 

伊藤雅雪が米トップランク社と3年契約 夢のロマチェンコ戦へ一歩前進

1枚拡大

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28)が12日(日本時間13日)、米国ロサンゼルスで会見し、米興行大手トップランク社と契約を締結したことを発表した。契約内容は1年3試合の3年契約で、まずは5月25日(同26日)にフロリダ州キシミーのオセオラ・ヘリテージ・パークで同級11位のジャメル・ヘリング(33)=米国=と2度目の防衛戦に臨む。

 同日、ステープルズ・センターでWBAスーパー・WBO世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、元WBA世界ライト級王者のアンソニー・クロラ(英国)を4回KOに仕留めた防衛戦後に会見が開かれ、トップランク社のボブ・アラムCEOがその中で発表した。日本選手の同社との契約は前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)、WBOアジア太平洋スーパーライト級王者・岡田博喜(角海老宝石)に続き3人目。

 伊藤は会見後にインスタグラムを更新。アラム氏、ロマチェンコとともに会見に臨む写真をアップし、「夢がどんどん広がります。ロマチェンコ、ベルチェルト、みんなが無理だと言ってる事を実現させてみせる。やってやる!」と意気込んだ。

 

まずは勝たないと。

Ameba人気のブログ