井上尚弥、26歳の誓い | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥、26歳の誓いは“体質改善”「ボクサーとしても考える」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が9日、横浜市内の所属ジムで26歳の誓いとして“体質改善”を挙げた。10日に誕生日を迎えるモンスターは、「アスリートは25、26歳で体が変わると言われる。ボクサーとしても考える」と説明。食欲、筋肉の疲労度など20歳前後の時との変化を感じ、栄養やサプリメントを取る時間などにも気を配っているという。

 5月18日には英グラスゴーで、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=と「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」の準決勝を戦う。4日まで山梨・山中湖村で走り込み合宿を行い、この日からスパーリングを再開した。フィリピン出身のジェネシス・セルバニア(27)=カシミ=と3分×4回を消化し、「髪形がロドリゲスに似ている。イメージを作るのは本当に大事ですよ」と笑った。

 

もう26歳なんですか、早いですね。年に3.4試合はみたいですが、拳のブランクで1年、そのあとは、年3試合ペースでしたが、トーナメント参加で7ヶ月決勝いったとして、次はいつだって感じですね。海外に拠点を移して活動してほしい気もします。試合が観たいファンとしてはただそんな思いです。

然し今日は寒い・・・気温の変化に身体がついていきませ~ん。