小西伶弥5・19神戸で世界挑戦決定 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

小西伶弥5・19神戸で世界挑戦決定 井岡と激闘のアルバラードに挑戦

3/28(木) 11:41配信

デイリースポーツ

 ボクシングの真正ジムは28日、神戸市内のホテルで会見を行い、IBF世界ライトフライ級3位の小西伶弥(25)=真正=が5月19日に神戸ポートピアホテル・大輪田の間で同級王者のフェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=に挑戦することを発表した。



 神戸市灘区出身の小西は昨年3月に世界初挑戦。空位のWBA世界ライトフライ級王座をカルロス・カニサレス(ベネズエラ)と争い、序盤にダウンしながらも粘りを見せたが、判定負けした。7月の再起戦でWBOアジア太平洋同級王座を獲得すると、12月に初防衛に成功。再起後2連勝で世界再挑戦のチャンスを得た。

 小西は「去年負けた悔しい思いは二度としたくない。次負けたらもうチャンスはないと思う。何が何でも世界チャンピオンになります」と2度目にチャンスに懸ける思いを打ち明けた。王者のアルバラードについては「かなりのファイターでパンチもある。だからといって下がるつもりはない。完全に打ち合いにいく。最終的には気持ちだと思っている」と真っ向勝負を宣言した。

 アルバラードは13年大みそかに大阪で当時のWBA世界ライトフライ級王者・井岡一翔に挑戦。フルラウンドに渡って激しい打撃戦を繰り広げたが、判定で敗れている。昨年10月に決定戦でランディ・ペタルコリン(フィリピン)を7回TKOで倒してIBF世界ライトフライ級王座を獲得。今回が初防衛戦となる。

 戦績は小西が18戦17勝(7KO)1敗。アルバラードは36戦34勝(30KO)2敗。

 試合チケットは真正ジム(078・335・5147)とチケットぴあで本日から発売する。

 

マスターさんのブログで数日前に出てましたが、発表されましたね。

WBAの正規に挑戦するよりは楽しみですが、アルバラートは強い。

会場は真正ジム御用達の会場ですね。行った事はないですが、テレビで見る限りでは、宴会場みたいですね。真正も長谷川以降、久保、山中とチャンピオンを輩出しているが長谷川さんのインパクトが強すぎて

チャンピオンが出た事さえ忘れてしまいそう。(山中さんはこれから進化していく兆候が見られただけに残念ではあったが・・。カサレス戦から1年小西選手はどの位進化しているか?放送はフジテレビネクストでしょうか?関西地区は深夜録画で関テレですかね?この日は不幸な事に井上尚弥選手の防衛戦と重なる。試合の結果が新聞の片隅に3.4行試合結果だけしか載らないような試合にはなって欲しくない。

あとテレビも小西選手の家庭環境のおはなしは不要なので、過去の試合から、チャンピオンの攻略法とかゴング前まで解説して欲しいですね。

Ameba人気のブログ