田口良一、スパー180回で奪冠誓う | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

田口良一、スパー180回で奪冠誓う「いい感じに仕上がっている」

2019年3月9日7時10分  スポーツ報知

  •  
  • ミット打ちの合間に笑顔を見せる田口良一
 

 元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一(32)=ワタナベ=が8日、WBO世界フライ級王者・田中恒成(23)=畑中=への世界挑戦(16日・岐阜メモリアルセンターで愛ドーム)に向けたスパーリングを打ち上げた。世界最速タイの12戦目で3階級制覇した相手との大一番へ「強さを証明したい。田中君に勝つことでそれができる。周りに認めてもらいたいという思いもある」と王座奪取を誓った。

 昨年5月にヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=に0―3の判定負けし、約3年5か月守った王座から陥落。約10か月のブランクがあり、いきなり1階級上のフライ級での挑戦だ。この日はライトフライ級のスピードのある選手と6回のスパーで田中対策を進めた。昨年から合計180回ほどを消化し「疲れました。いい感じに仕上がっている」と充実した表情を浮かべた。(浜田 洋平)

 

あと1週間ですね。田口選手10か月振りの試合といきなりの世界戦、あとスロースターターなのがきになりますが、減量から解放された分だけ調整もらくになりかえっていい動きができるかも。ブドラー戦の様にもう少し前半から攻めていればと後悔するような試合にならないといいですが、予想は不利だと思いますが、がんばって欲しい、田口選手のがんばりが試合を面白くすると思います。

 

 

 

Ameba人気のブログ