亀田京之介が新人王戦にエントリー | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

 

 「亀田3兄弟」のいとこ“浪速の狂拳”亀田京之介(20)=協栄=が15日、自身のツイッターを更新。今年度の東日本新人王戦にエントリーしたことを明かし、優勝宣言した。

 京之介はトーナメント表を添付し、「新人王戦!決まりました!俺は逃げも隠れもしやんよ!誰が優勝候補か知らんけど 関係ないよ!1番盛り上げて最高な試合にしたる!」と意気込みを示した。

 京之介のフェザー級は22人がエントリーする激戦区となっている。「これでお前らも文句無いな?相手も選んで無いし これで優勝したるからこれで お前らも文句ゆーなよ 見てればわかるよ!最高のトーナメントにしたるよ 見てろよ」と、亀田家のマッチメークに批判的な一部ファンをけん制した。

 新人王戦は古くは元世界2階級王者のファイティング原田(笹崎)から現在もWBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(伴流)に至るまでチャンピオンへの登竜門。全国4地区で春先から大会が始まり、年末の全日本新人王決勝戦でその年の各階級の新人王が決定する。勝ち上がり方式の大会のため、相手やおおまかな試合日程は決まっており、マッチメークで調整することはできない。

 京之介は亀田3兄弟の父・史郎氏の兄の長男。史郎氏の指導の下、6歳から大阪で英才教育を受けた。しかし凶暴な性格ゆえ、一時非行の道に走り、ボクシングからフェードアウトした。それでも18歳で一念発起して上京。昨年元日に“亀田家の秘密兵器”の触れ込みでデビュー戦にこぎつけるが、防御の甘さを突かれてまさかの2回TKO負け。試合前は3兄弟にも劣らぬビッグマウスぶりを発揮していただけに、“亀田家”初のKO負けという屈辱に、試合後の控室で号泣した。

 そこから奮起して5月に2回TKOで初勝利を飾ると、11月の3戦目も判定勝ち。2勝(1KO)1敗と勝ち越して大会に向かう。「亀田家はかませ犬とか言われてたよな?違うってとこ見せたるわ まーどーでも良いけどそんな思われた無いし だから強い奴もこのトーナメントに居てる思うよ、多分 だから亀田家初新人王出るし 俺が取ったるよ! 見ててみ」と自信満々に優勝宣言した

 

とってもいいと思います。新人王とって日本から順番に上を目指して欲しいですね。親戚は日本人と対戦しないで当時の日本チャンピオンにたまには日本人とやろうよ。と挑発され怒ってましたね。京之介選手は

発言や試合前のパフォーマンスのわりには試合後はちゃんと対戦相手をリスペクトしてるのでいいと思います。