やっと発表された井上の準決勝戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚弥VSロドリゲス、5・18グラスゴーで開催 WBSS公式サイトで発表

1枚拡大

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=の次戦となる階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の準決勝、IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=戦が5月18日に英国グラスゴーのSSEハイドロで開催されることが決定した。12日(日本時間13日)、大会公式サイトで発表された。

 同日はWBSS・スーパーライト級のジョシュ・テイラー(英国)とIBF世界同級王者イバン・バランチェク(ベラルーシ)も行われる。ダブル世界戦として決行される。

 井上は昨年10月7日に横浜アリーナで元WBA世界同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と1回戦を戦い、70秒KO勝利でこれを突破。衝撃的な試合内容が世界中で話題となり、今大会の優勝候補筆頭に数えられる。戦績は井上が17戦全勝(15KO)。ロドリゲスは19戦全勝(12KO)。この全勝対決を事実上の決勝という声は少なくない。

 

ようやく発表されました。当初は3月米国とか言っておりましたが、5月12日英国。7ヶ月のブランクですね。決勝戦は年内に行われるのか?

井上には関係ないでしょうが日本人世界戦欧州未勝利。そんな不名誉な記録も元号が変わって日本人初の世界戦(GW明けに黒田がムザラネと先にやっちゃうかもしれませんが)新たな歴史を刻んでくれるでしょう。あと3か月か長いが待ちましょう。

 

Ameba人気のブログ