ボクシングの世界ミドル級3冠統一戦が決まった。WBAスーパー&WBC王者のカネロことサウル・アルバレス(28=メキシコ)と、IBF王者ダニエル・ジェイコブス(31=米国)が、5月4日に米ラスベガスで対戦する。カネロをプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズが17日に発表した。

カネロは昨年9月にゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)との再戦に2-0で判定勝ち。ミドル級2冠王者となると、12月にはWBAスーパーミドル級王者ロッキー・フィールディング(31=英国)に3回TKO勝ちで3階級制覇していた。「次の試合がシンコ・デ・マヨ(メキシコ戦勝記念日)の週になってうれしい。統一戦は重要だが、勝利を収めることは疑いない」とコメントした。

ジェイコブスは11年に脊髄のガンと診断されたが克服し、14年にWBA王座を獲得した。ゴロフキンに惜敗して陥落も、昨年10月にゴロフキンが剥奪されたIBF王座を判定勝ちで獲得した。「待ちに待ったチャンスでカネロに勝てると信じている。自分がミドル級のベストと証明する」と自信を見せた。