谷口将隆 2・26世界初挑戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

谷口将隆 2・26世界初挑戦!被災から24年の日に会見「何かの縁だと思う」

1/17(木) 13:37配信

スポニチアネックス

 ボクシングWBOアジアパシフィック・ミニマム級王者・谷口将隆(24=ワタナベ)が17日、東京・五反田のワタナベジムで会見し、2月26日に後楽園ホールでWBO世界ミニマム級王者ビック・サルダール(28=フィリピン)に挑戦すると発表した。

 同級2位の谷口は世界初挑戦。同い年で同期入門のWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人はすでに2階級制覇を達成しているだけに「やっと来たなという感じ。サルダールは日本人とも2戦していて日本でも馴染みのあるチャンピオンなので、しっかり勝って評価を上げ、名前を広めたい」と抱負を口にした。

 サルダールは15年12月に田中恒成(畑中)と対戦して6回TKO負け。昨年7月に山中竜也(真正)から王座を奪取した。ワタナベジムの渡辺均会長は「パンチもあっていい選手。相性もあると思うが、後半勝負で倒せると思う」と言い切った。

 神戸市出身の谷口は、阪神大震災の発生から24年を迎えた17日の会見に「自分も被災していて、24年後のきょう世界戦の発表ができたのは何かの縁だと思う。世界チャンピオンになって地元に元気を与えたい。こんなヤツも神戸から出ていることを知ってもらえたら」と話した。

 

25日と思っていたら26日でしたね。先を行かれた京口選手に追いつくチャンスですね。サルダール3度目の日本登場、田中や山中から

ダウン奪った様にパンチはありますね。渡辺会長も後半勝負ってことですがサルダールのペース配分の気になる。田中戦の様に最初から

全速力で来ることはないと思うが来た場合谷口が凌げるか?凌げば後半チャンスがあると思いますが、やはり勝てはしなかったが、山中選手の戦い方が参考になるのでは。拳論によると3月1日はタイでワンヘンと福原さんが再戦するそうです。

Ameba人気のブログ