京口紘人、VS拳四朗に照準 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

京口紘人、VS拳四朗に照準!強敵求む「年末大きな試合を」

2019年1月16日6時10分  スポーツ報知

  • ジムワークを再開した京口紘人
 

 プロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(25)=ワタナベ=が15日、都内の所属ジムで練習を開始した。昨年大みそかにヘッキー・ブドラー(南アフリカ)を下して世界2階級制覇。年内にWBC王者・拳四朗(BMB)らとの統一戦を実現させるため「強い相手に対して防衛していきたい」と強敵を希望した。

 WBAは正規王者にカルロス・カニサレス(ベネズエラ)、1位に久田哲也(ハラダ)が名を連ねる。陣営の渡辺均会長(69)は「同じ団体に王者が2人いるのは気持ち悪い。日本人挑戦者も上位にいる。2回くらい防衛して、機が熟したら拳四朗」。初防衛戦を5月頃、V2戦を秋、年末に他団体王者との試合をもくろむ。

 今年の目標に「乾坤一擲(けんこんいってき)」と色紙に記した新王者。「年末に大きな試合をしていけるように」と気合を入れた。(浜田 洋平)

 

年末よりも夏から秋にかけての時期の方が個人的に希望。

といってもまだ2人とも知名度はボクシングファンの間だけなんで、試合までに知名度上げるほうが先かも。実現したら面白い試合になるのは間違いないだろうがWBAはレギュラーチャンピオン潰しても潰しても

またレギュラー誕生させるからな・・・どうなりますか。

 

 

Ameba人気のブログ