髙橋竜平 世界挑戦 決まった | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

IBFアジアパンパシフィックスーパーバンタム王者の高橋竜平(28)=横浜光=が18日(日本時間19日)、米国ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンのHulu・シアターでIBF世界同級王者のTJ・ドヘニー(32)=アイルランド=に挑戦することが決まった。所属ジムの石井一太郎会長(36)が自身のブログで世界戦決定までの経緯を記し「正式決定」と発表した。

 試合まで1週間となったところでの正式決定。石井会長のブログによると、試合の話が届いたのは昨年12月1日。試合の契約書が送られてきたのが今週の初め。複数の書類を提出して、この日ようやく就労ビザを取得した。13日には米国に向けて出発するため、世界戦決定の会見も行えないという。

 新潟県加茂市出身の高橋は12年2月に1回TKO負けでプロデビュー。2戦目も引き分けだったが、その後連勝を続け、14年のバンタム級全日本新人王となる。積極的に海外遠征を行い、17年12月にタイでIBFアジアパンパシフィック王座を獲得し、世界ランク入りした。戦績は19戦15勝(6KO)3敗1分け。今回が世界初挑戦となる。

 王者のドヘニーは昨年8月、後楽園ホールで岩佐亮佑(セレス)に3-0の判定勝ちで王座を奪取。試合後に亀田和毅(協栄)がリングに乱入するなどして話題となった。今回が初防衛戦となる。戦績は20戦全勝(14KO)。

 

ドヘニーなら行けそうな気がしますが急なんで準備ができているのかが気になりますが、勝って帰って来て欲しいですね。

 
 

Ameba人気のブログ