田中恒成が田口良一と初防衛戦 因縁対決がついに実現 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

世界最速タイ3階級制覇の田中恒成が田口良一と初防衛戦 因縁対決がついに実現

 

 世界最速タイ12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者の田中恒成(23)=畑中=が10日、名古屋市内で記者会見し、3月16日に岐阜メモリアルセンターで、元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者でWBO世界フライ級4位の田口良一(32)と初防衛戦を行うと発表した。戦績は田中が12勝(7KO)、田口は27勝(12KO)3敗2分け。

 田中は昨年9月に名古屋市内で当時WBO世界フライ級王者だった木村翔(青木)に挑戦し、WBO年間最高試合にも選ばれた壮絶な打ち合いの末、判定勝ちで王座を奪取。ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と並ぶ世界最速タイ記録のプロ12戦目での3階級制覇を達成した。田中は「1年越しで対戦できることになって、状況は変わりましたが、対戦できることを本当にうれしく思う。田口選手は間違いなく強いのでめちゃくちゃ楽しみ」と待ちきれないように話した。

 そろって会見に出席した田口は昨年5月にヘッキー・ブドラー(南アフリカ)との統一王座防衛戦に判定で敗れ王座から陥落。今回が約9カ月ぶりの復帰戦で、フライ級に階級を上げた田口は勝てば2階級制覇となる。田口は「盛り上がる試合をして勝ちたい。前回の試合を見ても(田中は)レベルアップしたと感じている。自分自身もレベルアップしないと勝てない試合」と語った。

 2人の因縁は2年前にさかのぼる。WBO世界ライトフライ級王者だった田中は、17年大みそかにWBA世界ライトフライ級王者(当時)田口との統一戦を行う予定だったが、田中が同年9月の防衛戦で両目眼窩底(がんかてい)骨折の重傷を負ったためプランは消滅していた。

 田中は昨年11月、初防衛戦の相手として田口との対戦を熱望。「田口選手は強い選手なので『(試合を)やりたい』という気持ちが変わらないだけ」と、思いを語っていた。

 

試合はTBS系で全国生中継される。17年9月のパランポン戦以来2度目だ。世界最速タイの世界3階級制覇を決め、WBO年間最高試合に選ばれた昨年9月の木村戦も中部ローカルの中継だった。「すごく悔しかった。今年はブレークしたい」。才能、実績が過小評価されてきた。将来的に世界5階級制覇を狙う“ドリームボーイ”は、運命の戦いで全国区に打って出る。

テレビ放送あるんですね。土曜日ってGTは考え憎いがGTの放送なら会場から岐阜駅までのアクセス悪いし帰りが心配・・まだ3月だと寒そうだし。放送時間教えてくれ~。

井上岳志“ハイレベル”スパーリング 同期の同級2位・岡田博喜と8R

 

 「ボクシング・WBO世界スーパーウエルター級タイトルマッチ」(26日、ヒューストン)

 米テキサス州ヒューストンで26日(日本時間27日)に行われるWBO世界スーパーウエルター級タイトル戦で世界初挑戦する同級3位・井上岳志(29)=ワールドスポーツ=が9日、東京都内で8回のスパーリングを行った。相手は東京・駿台学園高ボクシング部の同期で、WBO世界スーパーライト級2位の岡田博喜(29)=角海老宝石=で、ハイレベルな攻防となった。

 「岡田のスピードは王者以上。目慣らしにもなったし、懐への入り込み方も試せました」と井上。王者ムンギア(メキシコ)は31戦全勝26KOの強打者で、密着してパワーを封じる作戦だ。

 

メジャーリーグほどではないですが、海外でも注目される日本人ボクサーが多くなってきてる様な気がします。WBO認可のおかげて、WOWOWでみたムンギアと日本人の対戦が見られるのは嬉しいですが

放送はダゾーンなんですかね?ダゾーンっての好カード放送してるようですが、録画できないのが私には痛い。やっぱりWOWOWでやってくれないでしょうかね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス